三人の子供達とパワフル母ちゃん。楽しいラクダ家へようこそ!


by nokorakuda

海苔のつくだ煮

f0082659_11361142.jpg

毎度毎度自分でもどうかと思うくらい偉そうな貧乏自慢が続くトホホなラクダブログ。

今日のご自慢は海苔のつくだ煮!

結婚した時ラクダ夫が実家から古い海苔を持ってきた。
50枚入りで数枚使っているだけ。
当時ですら色があやしく焼いてもおいしくなかったのでずっとそのままになっていた。

カビが生えてるわけでもなし、ただ古いだけなのだが思い切って捨てようかとラクダ夫に言ったら、

「うーんもったいないから何かに使えないかなあ?つくだ煮は?」
言うのは簡単だが作るのは私なのだ。

母に古い海苔をつくだ煮にするのはどうかと聞いてみたてころ

「ああダメ。やったやった何度も。でもいまいちうまくできないのよね。あんまりおいしくなくて。」
「つくだ煮ってふつうに砂糖と醤油とみりんとか入れてぐつぐつすればいいんだよね?」
そうなんだけど何がいけないんだろう。」

で。
やってみましたよ!

まずはネットでレシピを調べて。

海苔5枚につき
酒100cc
みりん50cc
醤油50cc
砂糖大4
干し椎茸2枚(戻し汁も使用)

これを基本に海苔20枚分やってみた。

ひたすらかきまぜながらぐつぐつぐつ。

どうも味が物足りないので昆布をさがしたがないので塩昆布と昆布だしの粉を入れ、さらに静岡おでんや富士宮焼きそばで使うイワシの粉が余っていたからどちゃっと入れた。

ぐつぐつぐつ。
ぐつぐつぐつぐつぐつぐつ。

大体いい感じになってきた。味もいいが少し風味が欲しい。
思いつきでごま油をたらしたら大正解!
一気にぐ~んとおいしくなったじゃないの♪
鍋いっぱいにできた海苔のつくだ煮は初めてにしてはマジうまで、ご飯がすすむすすむ。

これは母に自慢せねば!

みなさんも何年も食べずに色が変わってしまった海苔があったらやってみて下さい。
具はダシがでそうな食材ならなんでもいいようですよ。


・・・って普通海苔を何年も放置しないだろ。

それ以前にすでに色が変わってるようなものを実家から持ち込みすぎなんだよ。


果たして何年前の海苔だったのかは謎のままである。
[PR]
by nokorakuda | 2007-02-12 11:36 | らくだ家の食卓