三人の子供達とパワフル母ちゃん。楽しいラクダ家へようこそ!


by nokorakuda

<   2010年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

新盆です

f0082659_23231088.jpg

f0082659_23231085.jpg

f0082659_23231065.jpg

客寄せ終わりました。

今回のメインご馳走は旬の岩牡蠣!

感動的な美味さでした!

料理もみんな好評だったし今日は段取りバッチリ完璧。昨日あたり死ぬほどバタバタしたけど終わり良ければ全てよし。
みんな手伝ってくれたし良かったわ。

しかし…
この一週間、
ハードすぎた…


もうダメ。

レスいまだにつけられません許して下さい。
明日から一週間カイロの泊まり込み研修です。
寝ます。
ありがとう。
[PR]
by nokorakuda | 2010-07-25 23:23 | らくだ夫

お帰りなさ〜い

f0082659_2326422.jpg

f0082659_23264233.jpg

f0082659_23264266.jpg

今日から新盆です。

いや〜疲れました。 心身ともに。

すごく前から準備に取りかかってるのに…田舎の新盆って大変すぎじゃね?(汗)
猛暑の中、じいじと二人で連日頑張りまくり、二人とも夕飯食べる元気もすら残ってなく…ボソボソと少し食べました。

いつも一緒と信じてはいるけど、こうして立派な祭壇作って正式に帰ってきてると思うと嬉しい。

今日、彼にプレゼントと思って買ってきたマグカップ。
気に入ってくれるかな?

日曜日は客寄せ。
明日も明後日も頑張ろう。
[PR]
by nokorakuda | 2010-07-23 23:26 | らくだ夫

正乃スクスクです♪

f0082659_11542851.jpg

f0082659_11542841.jpg

f0082659_11542899.jpg

友達から正乃の写真も載せてくれとリクエストが。

あはは確かに!
正乃ちゃん出番無さ過ぎ。写真も撮らなさすぎ(笑)

簡単だけど成長記録。

とっても元気です。
4ヶ月になってすぐに寝返りができました。

ずりばいでどんどん移動します。早い!
さすがうつ伏せ寝派。←真似しないように。

目が会うだけでニコニコそれはそれは嬉しそうに笑ってくれます。

人見知り無し!
ぐずりも無し!
夜泣き無し!
夜も起きずにぐっすり♪
温泉大好き。
哺乳びん嫌い。
お出かけ大好き。
おんぶデビューしました。
お姉ちゃんに背中を踏まれても座られても負けないくじけない笑顔を忘れない!


…あまりにもいい子でぶっちゃけネタがありません。
苦労無し。

苦労ってほどでもないですがまあ、明日香がぐずった時なんか明日香をおんぶ、正乃を抱っこ、ゆうだいをカートに乗せて買い物してたりします。 見てる方が痛いだろうと思われ。(笑)
三人の母、ド根性です。

さて、今日から新盆で大忙しです〜。
[PR]
by nokorakuda | 2010-07-23 11:54 | 三番目の子成長記録
f0082659_9165934.jpg


7月16、17、友達母子と一泊旅行に行ってきました!

一番の目的は大井川鉄道。

友達の息子、ようちゃんと悠大は二人とも保育園の年少さん。
鉄道大好きな二人をSLに乗せてあげようというこの企画、
実は母の私が一番楽しみにしていたのです。
私、実は子供の時から鉄道好き。SLに乗れるなんてそりゃーワクワクですよ。

梅雨明け前日。
途中のゲリラ豪雨にビビリながらも到着する頃にはすっかり雨も上がり、青空が見えてきました。幸先いいぞ!

愛知からの彼女たちとは大井川鉄道始発の金谷駅で集合。
パーク&ライドができる新金谷駅に移動します。

早く着きすぎた私たち、彼女たちが到着するまで新金谷の操車場に停車するSLを見に行き、ひとしきりはしゃぎます。
ここで石炭を入れたり水を入れたりするんだね・・・・トーマスの世界そのまんまだわ。
C型のSLは大きいので悠大先生いわくゴードンだそうですが。
たくさん止まっているレトロな客車も素敵!これから乗るんだ!という気分が高まりまくり。

友達をピックアップして駐車場(1日700円、泊まり1200円)に車を置いたら駅前のプラザで出発時間まで待ちます。
ここ、プチ鉄道博物館になっていて、いろんな車両が展示してあります。
大井川鉄道のグッズや車内で食べるお弁当なども販売していて楽しい!
とはいえ私は授乳や子供達の世話でちょろっと見て回ることすら出来なかったけど。

f0082659_9165941.jpg


さあ!いよいよホームへ移動、SLが入線してきましたよ!
すごいすごい!!!
勢いよく煙や水蒸気を吐き出す真っ黒い機関車。大・迫・力!!!
ここ新金谷では5分ほど停車するので、大急ぎで記念撮影。
なにしろ4歳、3歳、2歳、0歳の子供を連れていますからね、ちょっとしたこと全てが大変です!

なんとかカメラに収まって大急ぎで無事に客車に乗り込みました。


f0082659_937116.jpg




きゃ~ん♪
すっごいレトロ~。ワクワクするぅ~。

ここ大井川鉄道では客車も昔使われていたそのままを保存していますからね。木枠の窓とか天井をぐるぐる回る扇風機とか・・・とにかくどこまでもホンモノ。素敵なのですよ。
必死でビデオを回したり写真を撮ったり・・・
私、はしゃぎすぎかしら?(笑)
でもね、子供達もうれしそうだよ。
f0082659_9165913.jpg


普通は終点の千頭駅まで行って往復するのだけど、なにせ子供達小さいですからおトイレで困ったりぐずったりしたら・・・と唯一の途中停車駅、家山駅で途中下車する40分のSL旅にしたのです。
f0082659_916591.jpg


車窓からは雨で増水した天竜川と青々とした田園風景、山の木々の緑・・・雨上がりでとっても綺麗。
トンネルでは車内に煙のにおいが充満して。
旅の気分が盛り上がります。
車内の楽しいアナウンスや、車内でしか買えない最中やドラ焼きを買ったりしていたら、あっという間に家山駅に到着してしまいました!
ええええええ!!!!もう着いちゃったの?
40分も乗ったはずなのに、あまりにもあっという間でびっくり。
アタフタと必死で降りて、ホッ。

ここ家山駅でも5分ほど停車するのね。
今度は充分に写真を撮ったりする時間がありました。

ここではこの日、偶然テレビドラマのロケが行われていて、伊東四郎氏が!
いやーテレビで見るよりもっと怖い顔でしたよ。この顔が「ニン!」とやるからかわいーんだな。

折り返しの電車が来るまでの1時間。
家山駅のだ~れもいないレトロな駅舎のベンチでSL弁当を食べました。
f0082659_9165996.jpg

このお弁当が美味いんだなこれが。
お茶の葉入りのご飯におかずの一品一品がきちんと「お袋の味」がするのです。
添加物一切使ってません~!ってのが分かる。
煮物ひとつとってもすっごくおいしいんだよ。ちょっと感動だわよ。
丸々一匹、鮎の甘露煮もすごくおいしかったわ。

家山駅には足湯があります。
「入ってみなよ」と駅員さんが教えてくれて、足湯につかりに行ってみると、
地元のじいちゃんばあちゃんたちが先客でいらっしゃいました。
足湯といっても子供達には膝までくる深さ。パンツをぬらしてしまうので、ぬがせてみたのですが、そうなるとやっぱりじっとしていられない子供達。
子供たちが濡れた足で木のベンチに上がったり水をはねたりするのをすっごく嫌がる異様に神経質な婆ちゃんにいちいち注意されて、なかなかにスリリングでしたが、それなりに子供たちは楽しんで、帰りの電車の時間までにはホームに戻りました。
f0082659_938132.jpg

帰りはSLではないのですが、とにかく大井川鉄道は全ての車両がレトロ!
古~い客車のワンマン列車にまたもやはしゃぐ私。
ええ、もちろん子供達も喜んでいましたよ・・・ってもういいか(笑)
大満足の大井川鉄道でした。

それにしてもこの日、すっかり晴れてものすごく暑かったんです。
正乃のおっぱいもしっかりあげなくちゃだし、子供達も暑がって落ち着かないし。
駅のベンチで授乳も兼ねて一休み。売店でSLのNゲージを記念に悠大に買ってあげたり、アイスを食べたリ。

f0082659_939989.jpg

このアイスがまた衝撃的で!
「うなぎアイス」。

うなぎ味のアイスってどーよ?
食べてみた~い! でも味見だけでいい~。
もともとうなぎってそんなに好きじゃないしー。
どーしようどーしよう、と騒いでいたら、お姉さん(オバサンだけど)がオマケでちょこっとくれるということに♪ 
なので子供達はブドウのシャーベット、私は甘夏のシャーベットをいただき、めでたくうなぎアイスを試食することができました。

醤油の味? 蒲焼のタレの味・・・でもちゃんとうなぎ自体の味も・・・・。
ほんわりと香るウナギのアブラの味・・・
いやーすごいよよくがんばりました! でも他のふつーのアイスのほうがいい。(笑)

さー、とにかく楽しかった大井川鉄道は終了!
次にコマを進めましょうか。
[PR]
by nokorakuda | 2010-07-20 09:16 | 旅行・お出かけ

キュウリのQちゃん

f0082659_934928.jpg

f0082659_934973.jpg

この時期になると容赦なく毎日15本くらいとれてしまうキュウリ。

じいじよ、何故にあなたはそんなにキュウリばかり沢山作るのか。

煮物や炒め物は当たり前、味噌汁にまでキュウリが入っていて笑えるが、そうまでしても消費できないキュウリの山に、一発逆転のレシピがこれだ!

キュウリのQちゃん。

お店でよく見かけるコリコリの醤油漬け。
これが一度に大量に作れていいかんじにかさも減り、保存がきいて誰にあげても喜ばれる優れもの。
なかなか火を止めるタイミングが難しいんだけど、簡単だから是非やってみて!

材料
キュウリ2キロ約10本
醤油400cc
みりん200cc
酢 100cc
砂糖200g
生姜好きなだけ(ひとかたまりの半分位?)

キュウリはポンポンと一口大に切り、生姜は適当に刻む。
タレを鍋に入れて砂糖が溶けるくらいの温度になるまで温めたら材料投入。
タレは肩まで漬かる程度で充分。キュウリから水が出ます。
沸騰してから1分くらいしたら火を止める。
そのまま一晩放置したら出来上がり!


キュウリがコリコリして味が染みていれば成功。キュウリが煮えて柔らかくなっちゃうと美味しくない。
煮え具合は煮る時間や鍋の大きさやら冷めるまでの時間やら、いろいろ微妙ですが、何度か作ればコツが掴めるだろうと達人目指して何度か挑戦中!
写真はキュウリ20本分。大鍋にいっぱいだよ。これでもあと10本余ってしまった。次は特大鍋でやろうかな(笑)

や〜これ、本当に美味しいわ。
ポリポリ、ポリポリ。
[PR]
by nokorakuda | 2010-07-19 09:34 | らくだ家の食卓

お神楽が来ました

f0082659_71413100.jpg

f0082659_714133.jpg

f0082659_7141367.jpg

今朝は何故かじいじだけではなくばあばまでもが床の間の掃除をしていたので、わけもわからず私も片付けたり廊下にワックスをかけたり。

新盆があるから?と思っていたが、違った。

お神楽が回っているのだ!

文字通りピーヒャララ。イメージ通りの朝から聞こえる笛太鼓。
実際に笛太鼓の音が聞こえてきたのは隣の部落のお神楽。部落という言葉を「町内会」的な意味で普通に使うのも驚きでしょ?正に古い田舎〜!

わが家にも回って来るというので楽しみに待ちます。

来た!

若い男達がうちの床の間に上がり込み、笛太鼓部隊を従えて見事な獅子舞をたっぷり5分以上?

すごい〜!
なんと贅沢な。

午後から強い雨が降 りだしていて、ずぶ濡れになりながら一軒一軒丁寧に舞う彼らはこの部落の青年団。
私と同姓同名の女神主さんが率いるおらが村の青年団は年に何度かのお祭りの時に大活躍。
若い力が生きてるって凄くない?だいたい盆踊りで若者がマジに踊ってる光景には目を疑ったもの。

そしてこのお神楽、130軒全世帯を回るのよ!
毎年よ毎年っ!
なにそれ〜。

なんか…この地域って…
いまだに驚くんですけど。

まあとにかく今は珍しくなってしまったこういう日本の伝統文化を継承するのは重要ですから面倒くさがらずに残していきましょうや。

ところで子供たち。
獅子舞を見ている間中、明日香は怖くて泣きべそかいて抱っこ。 悠大は私の背中にぴったり引っ付いて離れない。
獅子が 近づいてくると半泣きで逃げ回って。まるでなまはげ?

このお神楽の始まりは明治の頃。この地に疫病が流行って、これを鎮めようと始まったらしい。

とにもかくにも初めての自宅お神楽。
興味しんしん、面白かったです!


三枚目はお墓までの畦道をどんどん歩いていく明日香。
ほんとにね〜日本の原風景ですよハハハハハ。
[PR]
by nokorakuda | 2010-07-13 07:14 | 田舎暮らし

カイロってすごいかも!

f0082659_0312676.jpg

f0082659_0312615.jpg

カイロの1日研修に出て本当に初歩的な基本技術を教えてもらった私。

早速友達やお店のお客さんをつかまえて練習の日々。

一番のお客さんは父。
左手が不自由で、指が変に曲がったまま固まって動かないし、腕も全く上がらないから服を1人で着ることもできない。

背骨も歪みまくり、アチコチ不調な父。
少しでも良くなれば!

習ってきた技術を一生懸命やってみた。

たった二回でこの成果!
すごくない?


1枚目は上げようとしても上がらない腕。これでも上げようとしているんです。

2枚目はこんなに上がるように!

曲がって固まって動かなかった指も少しだけ動いて伸びて使う事ができました。

私がいない日は母が少しでも…毎日やれば肩が上がるようになって1人で服が着れるようになるかも!

ヨボヨボしか動けない足の運びも軽くなったし、初めてやってあげた日は体が楽になって夜一度しか起きずにぐっすり眠れたのだそうです。

カイロって、ほんのちょっとやっただけでこんなに効果あるの?
私、なんかすごいものに出会ったかも。
他のやってあげた人もみんな体が楽になったと喜んでくれているし。

頑張ろう、私。

今月末、子供達を連れて一週間泊まり込みの研修に行って来ます。

エイエイオー!
[PR]
by nokorakuda | 2010-07-10 00:31 | 化粧品 整体 ベビマ

花火です

f0082659_20215730.jpg

f0082659_2021572.jpg

f0082659_20215735.jpg

f0082659_20215763.jpg

さっき悠大がトイレ入り口でつまづき、便器におもいっっっきり顔をぶつけて唇を切りました。

大泣きした悠大に「花火やろうか?」とじいじが。

「やる。」

でも悠大は「危ない」、「怖い」、とじいじに抱っこされしがみついたまま。
明日香ちゃんがぜ〜んぶやっちゃった。

「明日香こわくないよ?悠大こわいの。」

2人とも、かあいいねえ。本当に。

毎日のように見に行っていた家の前の川のホタルは、先週で最後だったようです。
庭にはダリアが咲き始めました。

夏が来ました。
[PR]
by nokorakuda | 2010-07-08 20:21 | 田舎暮らし
f0082659_15315592.jpg


記事にするのがずいぶん遅くなっちゃいましたが、今年も行ってきましたよ。さくらんぼ狩り!

さくらんぼ狩りというよりもおじさんに会いに・・・というほうが正しい。
なにせここのしむらのおじさんとはもう10年近いお付き合いなんじゃないかしら・・・時の経つのは早いものです。
おつきあいといってもただ、「ほぼ毎年行ってる」ってだけですがね。とりあえず悠大と明日香はすでに3度目ですからたいしたもんでしょこの子たち。
おじさんも子連れの我々を面白がって可愛がってくれていまして。3年連続でおじさんのブログに登場させていただきました。

昨年
一昨年

多趣味なおじさん、去年は撮った写真を音楽までつけてムービーにして送ってくれたりしましたっけ。
いや~ありゃぁいい出来でした。すばらしいよおじさん!アナタナニモノ?(笑)

まぁとりあえず、今年のニュースはおじさんの農園がひとつ増えたということでしたね。
仲間から借りているというこちらの農園は明日香のような小さな子供でも手が届く低い枝振りが魅力で、はしごやリフトを使わなくても安心して思う存分食べられるのです。

ということは・・・・子供達を放置できる!!!

そりゃー明日香のような大食いの自由人を放置したらどうなるか。
f0082659_15315563.jpg

私たちがいる場所のはるか遠くでさくらんぼをつまんでいたり・・・
雨上がりの土の上に座り込んでお花を摘んでいたり・・・
当たり前のように靴なんて脱いじゃいますよ。
f0082659_15315553.jpg

みなさま、というか母もすっかり忘れてますが、この子一応まだ2歳児ですよ(笑)

あ!明日香!
f0082659_15315584.jpg

服脱いじゃうんですか。暑いんですか。はいはい。(汗)

そして。とうとうこんなことに。

いやはや、暑かったんですよ本当に。ものすごく蒸し暑くて。
でも、そこまでしなくてもいいでしょ明日香!
f0082659_15315542.jpg


とうとうラクダ家一番の常識人の悠大も上半身裸に。
もういいや、と思って正乃も暑がってたから脱がせちゃいました。
f0082659_15564417.jpg


一体ドコですかココは?笑えるねぇ。
いつもウワサを聞いていただけでお会いすることがなかったおじさんの娘さんにも初対面。さんっざん子守りをさせてしまいました。
ええ、練習よ練習。

それにしてもお嬢さん、このさくらんぼ狩りの前の週が横浜川崎だったのですが、私が立ち寄った川崎の友達の家のすぐ近所にお住まいだとのこと。
「え===!!!すごい偶然!」 とまずはそこから話が盛り上がり。
なかなかおもしろいお嬢さんで、ついこのまえハーレーの1600を買ったそうですよ。ハーレーだよ、ハーレー。大型だよ。
大型免許はこれからだそうですよ。(笑) 
f0082659_15571287.jpg

父も娘も・・・この田舎にいながら個性的な方たちなのねぇ。

すっかりいろんな話で盛り上がり、御殿場にも来てくれるということなので、絶対来てくださいねお嬢さん。連絡はブログの非公開コメントでもよろしくてよ。

おじさんは連れのなななパパとオタク話。
ほんっと男同士のオタク話って尽きないわねぇ。

まぁとにかく、過去最高かと思えるような豊作(いつも行く時期が遅いのか?)で、おいしいさくらんぼと楽しいおしゃべりを満喫しました!
ありがとうおじさん。
そしておみやげも山っほど頂いちゃいました。
いつもやさしい心遣いほんとにアリガトウ。
こちらからも朝揚がったばかりののシラスを送るように手配してありますからね、たらふく食べてください。葉書の名前、なぜか間違えましたごめんなさい。

それにしてもおじさんの今年のラクダ家写真、すっげーおもしろい!
いつもほんとに素敵な写真をありがとう!
来年も行きますね♪



さてさて。
さくらんぼのあとは毎度パターンで温泉。
ななな君の頭の中では悠大と温泉はセットになっているらしい。

行ったのはここ!
勝沼のぶどうの丘

f0082659_15591942.jpg

ここ、ブドウ=ワインの町勝沼市が運営する勝沼のシンボル的な場所で
見渡す限りのブドウ畑を見下ろす丘の上にあって、ワイナリー見学ができたり、おいしいレストランで食事ができたり、地元農家の数え切れないほどたくさんの地ワインを一堂に集めて販売されてたり、(なんと全種類試飲可能!しかもお値段もとってもお値ごろなのよ♪)そして宿泊もできたり、
ワイン好きにはたまらない場所。
そこに。
温泉が併設されているのだー!しかも600円なのだ~!

そりゃーもう行くしかないっしょ。

なんかね、ここの温泉、特別アルカリが強いらしく、すごくぬるぬるするのね。歩くのにものすごく気をつけないと滑って転びます。
でも、お風呂上りのお肌のつるつる加減もハンパない!
こりゃー来年も来たいですよココのお湯。
最高の眺めを楽しみつつ、温泉大好きではしゃぐ子供達相手に、つけまをずらしながら奮闘するみかちに大感謝!

最後はお店を物色し、ワインのような味のスパークリングぶどうジュースを購入。 こーゆーの、ずっと欲しかったのよねー。私だけいつも飲めないんだもん。

そんなわけで、今年もすっごく楽しかったさくらんぼ狩りの一日でした!
[PR]
by nokorakuda | 2010-07-05 15:31 | 旅行・お出かけ