三人の子供達とパワフル母ちゃん。楽しいラクダ家へようこそ!


by nokorakuda

<   2007年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

稲刈り

f0082659_1271428.jpg

f0082659_1271461.jpg

f0082659_1271447.jpg

f0082659_1271441.jpg

f0082659_127146.jpg

先日はラクダ夫の実家の田んぼの稲刈りでした。

前日からお泊まりして早朝からの作業に備えます。

明けて当日は朝露がつかないので作業が楽だという曇り空。

黄金に色づいた稲の銘柄は知る人ぞ知る静岡の名米「御殿場こしひかり」。おいしいのよ。


悠大も稲刈りデビュー!気合い入りまくっています。(笑)

まあこれは四代目長男悠大の田んぼでもありますからね。気張っておくれ。

彼岸花もあちこちに咲いてきれい。

身重の私は作業の手伝いは出来ないので、お昼ご飯を作りました。
パッと食べられるようにおいなりさんと太巻き寿司。
手抜きでちらし寿司の素やら詰めるだけのおいなりさんのお揚げとかを使ったので超簡単♪

作ったあとはラクダ夫の部屋の大そうじ!
私はホコリアレルギーなのにラクダ夫の部屋は長年のホコリが積もっていて、来る度に私一人が苦しみまくっていたのです。


さあお互い作業開始!
稲刈りは私も初めてなのでどうやってお米になるのかラクダ夫に教えてもらいました。

1)稲を刈る
稲刈りはほとんど稲刈り機で。細かい所はばぁばが釜で刈り取ります。
稲刈り機は刈ると同時に脱穀(稲わらと米の入った籾(もみ)の部分に分ける)もしてくれます。
稲藁は粉砕されて吹き出して刈り取り後の田んぼに撒かれていきます。

2)脱穀された米を乾燥所に運ぶ
近所の家に巨大な乾燥機械があって、そこに袋詰めされた籾を持って行き、機械に入れて二日くらい乾燥させる。
昔は刈り取った稲藁を束ねて足場を組んで天日干ししたそうですが(そのほうが甘みのある米になる)、この米は自家用なのでそこまではしません。
今日の作業はここまで。

3)玄米にする
乾燥させたら籾殻と玄米に分ける機械に入れて玄米にします。
この機械は農協のを借りるらしい。

4)保存
玄米の状態でうちの米貯蔵庫に入れて保存。
30キロづつ袋に入れ精米機で都度精米して食べます。


毎年大体17俵(30キロ袋で34袋)とれます。


去年の米をまだまだ食べ終わらないので早く新米に切り替わるようにいっぱい食べなくちゃ!

やがて私や兄弟たちの子供たちが大きくなったらきっとお米、足りないくらいになるよ。それも楽しみだね♪

作業がひととおり終わった頃にはラクダ夫の部屋の大掃除も終了!家具もカーペットも退かして徹底的にホコリを取ったから私のアレルギーもピタっと止まり、一安心。

私の作った手抜きお寿司もみんなたくさん食べてくれたし、いい気分!

今日もおいしいお米をいただきましょう!
[PR]
by nokorakuda | 2007-09-30 01:27 | 田舎暮らし
f0082659_0132858.jpg

写真は都合良くピンボケになりましたがワタクシです。失礼。

のこのこブログを旅ネタだけにしてしまったが為にどこに書いていいかわからない美容ネタを久しぶりにこちらに。


世間では若い女の子たちが目の周りをぐるぐる真っ黒いラインで囲んでまつ毛にマスカラガンガンつけてバチバチなメイクをしていますが、あれってどうなんでしょうね。(ホレ、蝦ちゃんとか幸田来未みたいにさ)

美しいかなあ?

私は化粧品屋ですが今まで囲みアイラインは全くやりませんでした。
下まぶたのメイクもやらず。

だって研修でもやり方教えてくれないし、カネボウのベテラン先生に聞いても「あれはお客さんにはやらない方が無難だよね」と本人囲みアイラインしてても私の質問には答えてくれないし。


あれを一般人がやると、「やり過ぎ感」が先にたって、
「一体オマエは誰なんだよ、てかなんだよどーなってるんだよその目の周りのぐりぐり!」

と思わずにはいられず。
その子本来の魅力をそいでしまうような気がするのです。

東京ではもう当たり前のメイクになっていますが女性の方、やってますか?

男性の方、バチバチメイクの女を愛せますか?

あれ、結構テクがいるんだよなあ。下手にやるとあれ、目が小さくみえるのよ。

とはいえ、できない、やらない、好きじゃない、ではプロとしては話にならないので、最近は心してやるようにしています。

やっぱホレ、蝦ちゃんばりにかわいく若くみせたいしさ。(笑)

雑誌を見て研究研究♪
やり過ぎ感なく上品かつバッチリしっかり、でも印象はあくまでかわいくぱっちりと、全体のバランス良く・・・
と、本来の目的を果たすようにメイクするにはまだまだ熟練が必要ですが、だんだん要領を得てきたかなと。


「目ヂカラアップ」
とよく言われてるけど、雑誌なんか見てても実際の詳細な目ヂカラアップのメイクのやり方なんて書いてないの。

囲みアイラインとマスカラだけじゃ目がちんまりと小さく見えて失敗するから各所ラインの太さにも気をつけないと。
下マブタのメイクをしっかりしないと。
上マブタのグラデも上手にしないと。


やり始めたらいろいろ課題ができて、なかなか奥が深くて楽しいんだな。

みなさんの質問にもバンバン答えられるよう頑張るからね~。
なんでも聞いて下さいな♪

メイクはやっぱ楽しいのだ!
[PR]
by nokorakuda | 2007-09-29 00:13 | 化粧品 整体 ベビマ

みょうがポコポコ

f0082659_20213621.jpg

f0082659_20213647.jpg

f0082659_20213698.jpg

f0082659_20213784.jpg

ラクダ夫の実家の庭の一角にみょうががたくさん顔をだしました。

みょうがって地面からポコポコ出て来るのね。初めてみたわ。
茎になるものかと思ってました。

地面からというか、葉生姜に似た、伸びたみょうがの木の根元の土から半分土に埋まって顔を出すの。
で、地面から出たらすぐに白いきれいな花が咲くのね。

面白いわあ。

プチプチもいで、いっぱい収穫しました。

後10日もしたらまた地面から出てくるって♪

酢味噌あえで食べたらおいしかったよ。

たくさんあるから去年みたいに梅の甘酢漬けにしようかな。

家の前の川の土手にはコスモスが咲き始めました。

まだ日中は暑いけれど自然はすっかり秋に衣替えですね。
[PR]
by nokorakuda | 2007-09-17 20:21 | 田舎暮らし

再び那覇

f0082659_1615023.jpg


f0082659_1615041.jpg

高速船で一時間。

船は結構ゆれるのでラクダ夫は酔ってしまいダウン。

私は海で波にゆられて魚と遊ぶ感じをイメージしながら耐えて那覇に到着。

船着き場には大学のクラスメイトが迎えに来てくれていました。

埼玉出身、卒業後すぐ紅型の職人になって沖縄に移り住み、そのまま現地の人と結婚して今は二人の子供のママ。
クラス一番の美人の彼女は、化粧っ気はないのにいつもイキイキして、自然な魅力でいっぱい。

こういう人を綺麗というんだよなあ、と会う度に思ってしまう。

彼女に案内されて、気軽にゆったり沖縄料理が楽しめる店へ。

ダウンして何も食べられないラクダ夫のかわりに私は店で一番高くて品数の多い定食を注文。

体にやさしい、をテーマにしている店らしく、どれもおいしくて素材の風味をいかしたやさしい味。

悠大もびっくりするくらいもりもり食べて、私の食べる分が減ってしまったほど!

女同士子育て談義などしながら楽しく食事をして彼女は帰宅。

小学校が遠い為1、2年生は送り迎えをする事に決まっているのだそうだ。

f0082659_1615093.jpg

彼女と別れた後はlaalaaちゃんおすすめの栄町市場へ。

こじんまりした市場だが、観光客などゼロの地元人の台所。
まるで迷路のようになっていて、雰囲気はこれぞまさにアジアの市場!

地元の人の気分になって果物やアンダギー、天ぷら(さつまあげみたいなもの)を格安で買いもの。
私らしい旅気分がもりあがる。さすがlaalaaちゃん、私の好みを熟知してるわ!

時間もないので国際通りや牧志公設市場周辺に戻っておみやげの買い出し。
大好きなアワセそばのソーキそばも買えたし、気が早いけど下の子のムームードレス(2~3歳用・笑)や悠大のアロハも買えたし、満足♪ そうそう。黒糖プリッツもね。

空港に着き、ギリギリの時間の中で大人気沖縄みやげの「ポルシェの紅芋タルト」をドカッと買って機上の人に。


短い旅だったけど、本当に充実した大満足の旅になりました。

やっぱり沖縄はいいよ。

絶対また来ます!
再来年を目標にね♪
[PR]
by nokorakuda | 2007-09-13 16:01 | 旅行・お出かけ

座間味島最高!

f0082659_15212457.jpg

f0082659_15212460.jpg

f0082659_152124100.jpg

f0082659_15212473.jpg

f0082659_15212444.jpg

シュノーケリングの後は宿のご主人お得意のネイチャーツアー。

まずは夕日を見に小さな浜へ。

曇があったから夕日が落ちるのは見られませんでしたが、この浜は海ガメの産卵地で、昨日産卵しにきた海ガメのあしあとが浜に残されていました。(砂の写真)

本当は今の時期は孵化する時期で、今ごろ産卵しても多くの卵は孵らず死んでしまうのだそう。(涙)

あたりには海ガメの卵の殻が落ちていて、触るとペコペコと弾力があって、やわらかい!
その後は港近くの店に送ってもらい、夕ご飯。

19歳の女の子二人連れと一緒に食事。

なにもかも青春キラキラな若い女の子たちとの会話を楽しみながら一度食べてみたかった「豆腐よう」にトライ。

豆腐を泡盛に漬け込んで発酵させたものらしい。

わ~。
本当にチーズみたいな食感!チーズの酒漬けみたい。

なんかすごいわ!これがもとは豆腐だったなんて。
おいしい!
酒の肴にちょびっと食べたい感じ。酒飲めない私にはもったいないよ~。
でもまた食べたいわ。
食後は星空ツアー!

なんと今日は新月で空に月がでていなくて真っ暗。
これ以上ない好条件なのだそうだ。

明かりの全くない浜辺へ。

浜までの緑茂る道では、なんと蛍が!

近くに川があるわけではないのに蛍がいるのは宿の人にも不思議なのだそうだが、とにかく蛍がそこに光っていた。

珊瑚がつもる浜辺に寝転んで夜空を眺めると。

なんと見事な天の川!
旅先の砂漠や山の中で満天の星空を見る機会が人よりは多い私も、こんなにくっきりと天の川を見たのは初めて!
まさに新月効果。
それより夕日が落ちた時には空に厚い雲がいっぱいだったのに、今この時には雲ひとつなく満天の星空を眺められるとは!

流れ星をいくつも見ながら幸運をかみしめていました。

宿に帰って死んだように眠ってしまったラクダ夫と悠大。
私は一人軒下に洗濯物を干し終わったら雨が降ってきたのでした。

涼しく気持ちよく寝て、朝日とともに目覚めたら、なんといい天気!

ラクダ夫と悠大が起きたので朝の散歩。

宿からの路地を出ると小さな港が。

キラキラの海!
海の中を覗くとすごく大きなハナカサゴが優雅に泳いでいたり、おいしそうなアジの群れが見えたり。
なんてきれいな。

宿の周りには史跡の石垣や伝統家屋や沖縄ならではの木など、なんだかとにかく完璧な環境なのです。

なごりおしく島を後にして船に乗り、デッキに出ると、きれいな海に感動!

たった一泊でこんなに楽しめるなんて。


座間味最高!
[PR]
by nokorakuda | 2007-09-13 15:21 | 旅行・お出かけ

座間味の宿

f0082659_7345257.jpg

f0082659_7345267.jpg

f0082659_7345289.jpg

f0082659_7345284.jpg

f0082659_7345226.jpg

楽しみにしていた座間味の宿。

ほんとにくつろげます♪

写真1)まさに!という伝統家屋。屋根の上にはシーサーが。
玄関がなく、縁側から直接出入りします。

2)庭の一角

3)庭にはパパイヤやバナナ、マンゴーなどがなっています。鶏も飼っています。

4)部屋の中。いい感じでしょ?布団はすずしいゴザで出来たもの。初めて見ました。寝心地もいい!

5)海ガメの赤ちゃんがいます♪かわいい~
[PR]
by nokorakuda | 2007-09-12 07:34 | 旅行・お出かけ

晴れた~!@座間味

f0082659_1324567.jpg

f0082659_1324538.jpg

f0082659_1324520.jpg

座間味のビーチ。
どんよりの那覇から着いたらまさかの晴れ間に!

実際は降ったりやんだりなんだけど日が差すとすんごいきれい!

海の中はもっとすごい!
いろいろ外国にも行ったけどこんな海初めてだよ~

足がつくような所にも60センチ級の魚がいっぱい!
巨大なブダイもエンゼルフィッシュも20センチはあるチョウチョウウオも。
おいしそうなアジの群れも。

とにかくすごいわ!

来て良かった~!(感涙)

いえね、今朝目覚ましテレビの占いでさそり座が一番ラッキー星座でなんでも思い通りになるっていわれたのよね。(ラクダ夫婦ともにさそり座)

ああ、祈ってくれたみなさんありがとう!

ではまた泳いできま~す♪
[PR]
by nokorakuda | 2007-09-11 13:02 | 旅行・お出かけ

オキナワを満喫

f0082659_955387.jpg

f0082659_9553861.jpg

f0082659_9553817.jpg

f0082659_9553855.jpg

写真1)街角の陶器の店で。珊瑚を利用したシーサー。かわいい!

写真2)花笠食堂入口。日本というより台湾にいるみたい。

写真3)沖縄定食1000円。角皿左上は豚肉の煮込み(ラフテー)、左下から豚足、沖縄おでん、さつまあげ(かまぼこ)
小皿大根のピーナツソースあえ(?)もずく、赤米、沖縄そば、さしみ

写真4)ネーネーズ


夕ご飯は沖縄通のlaalaaちゃんおすすめの大衆食堂へ。すごいボリュームで沖縄らしいもなが安く食べられるとあって地元の人にも観光客にも大人気。

ご飯は汁物の種類が選べたり、水やお茶ではなくほんのり甘いアイスティーが飲み放題なのもポイント高い!

どれもおいしくてこれでこの値段でいいの?と思ってしまう内容で大満足でした。

ゆうだいが沖縄そばや煮込みなど、びっくりするくらいバクバク食べていたのですが、二人とも苦手な豚足(デカいんだまたこれが)をほとんどゆうだい一人で平らげてしまったのにはあんぐり。

コイツ、もしや前世は沖縄人?
まあどこでも生きて生けるたくましい子だって事はたしかだわ。

食後はアーケード街をひやかして歩きます。
びんがたのプリント生地や芭蕉布の切り売りをしている店を見つけ、購入。
これで母娘お揃いの服を作るんだ♪

他に女の子用の超かわいいピンクのムームードレスも。まだ生まれてもいないのに女の子と分かるとついつい買いたくなるのよね。

そして本日のメインイベントはライブハウス「島唄」で有名な沖縄のアーティスト「ネーネーズ」のライブ!

ラクダ夫はオリオンビールの生、私はシークワーサーのジュースを飲みながら。
二代目ネーネーズの歌声はやさしく澄み渡って。とても素敵でした!

夕方からだったけど今まで来た中で一番沖縄らしさを満喫できた感じ。

楽しかった~!
[PR]
by nokorakuda | 2007-09-11 09:55 | 旅行・お出かけ

那覇に着きました!

f0082659_21592669.jpg

f0082659_21592727.jpg

f0082659_2159273.jpg

f0082659_21592874.jpg

f0082659_21592840.jpg

沼津を出たときはどしゃぶりでテンションさがりまくりでしたが、無事那覇に着いたら雨上がりのもよう。
すずしいです。

ここは日本か?と私もびびるようなバックパッカーの巣窟のような宿に荷物をおいて、お散歩。

お茶を飲みに緑茂る古民家のおちついた喫茶店へ。

沖縄ぜんざい(かき氷)って初めて!
小豆じゃなくて金時豆なのね。

宿の周りは焼き物の町で、静かで古い町並みで情緒があって。
すごく素敵なの。
公設市場にも近いしね。

宿はしょぼいけどロケーションは抜群!

すごく楽しんでいます。
[PR]
by nokorakuda | 2007-09-10 21:59 | 旅行・お出かけ

いよいよ沖縄です♪

f0082659_16212717.jpg


来週からいよいよ沖縄です!♪
今回はこの前も書いたけれど、ダイバー垂涎のお魚天国、慶良間諸島の座間味島に一泊♪
すっごく楽しみ~~~~!!!

知ってました?
慶良間の海って世界中のダイバー憧れの海なんですよ。

何度か潜ったことがあるけれど
世界有数のダイビングポイントの中でも、特に浅い場所での海の中のトロピカルさ(魚の種類の多さやカラフルさなど)や海の中の景色の美しさは抜群です。

妊婦はダイビングは禁止なのでシュノーケリングしかできないけれど、たっくさんトロピカルなお魚がいるんだろうな。

あ~ん二泊三日なんてもったいないから私と悠大だけもっとのんびりしてればよかったかしらー。

だって沖縄って滞在費がとっても安いんですよ。
今回はマイレージで行くので航空券はタダ。
那覇では安宿一泊一人2500円、座間味の宿は一人4000円ですもの。(素泊まり)
全然贅沢じゃないでしょう?

特に楽しみにしているのは座間味の宿!

f0082659_16344079.jpg


にぎやかな港周辺から離れた静か~なところにある沖縄でも珍しい伝統家屋の宿。
庭にはマンゴーやシークワァーサーやバナナの木があったりするんですって。

この宿、不便なところにあるけど至れり尽くせりで、ビーチでも買い物でも食事でも、移動したいときには宿の人がみんな送り迎えしてくれるんですって。
子連れの妊婦にはそれがなによりありがたい!

だって、普通の宿だったらビーチや買い物など移動手段はレンタル自転車ぐらいしかないんですもの。
毎度悠大おんぶして自転車じゃ、ねぇ。(苦笑)

そしてこの宿、夕方には無料で夕日を見に連れて行ってくれて食後は星空ツアー、その後は三線を教えてくれるのがパターンなんですって♪

ん~、いいないいな。
晴れるといいな。(笑)

・・・・実はホレ、天気が・・・。

何度天気予報を見ても初日は雨のち曇り、島では曇り、最終日も曇りなんですよ。(汗)

まぁ台風が来てないだけヨシとするか・・・。
でもねでもね、海の中って、日が差しているのと差していないのでは全く、全く、全く違うのよ~~~。

え? 贅沢な悩みですって?

ハイすみません。


神様お願い、晴れますように!!
[PR]
by nokorakuda | 2007-09-08 16:49 | 旅行・お出かけ