三人の子供達とパワフル母ちゃん。楽しいラクダ家へようこそ!


by nokorakuda

<   2007年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

皆既月食!

f0082659_2211847.jpg

f0082659_2211870.jpg

f0082659_2211848.jpg

皆既月食でしたね。
たった今満月に戻った所です。

東京はどしゃぶりだったそうですが、みなさんの地域では見れましたか?

静岡はばっちり晴れてすばらしくきれいな天体ショーをみることが出来ました。

皆既月食って初めて見たけど三時間以上たっぷり楽しめるのね。

月が全部隠れてぼんやり赤く浮かんで見える時間が結構長くて(これは暗くて携帯で写真撮るのは無理でした)
その間は空が暗くなるから星がたくさん見えて。
こんなにたくさん?とびっくりするくらい飛行機が何機も次々に来てはピカピカ光っていました。

やがて下弦の月が現れてそれからは割と早く半月になり、やがてとても明るい満月に。

携帯でも証拠写真が撮れました!見られなかったみなさんどうぞ見て下さいな。(笑)


次は2010年だそうですよ!
その頃には子供たちにも理解できるかな?

私は星のきれいな土地で育ったので流星群とか天体モノは家族みんなが好きなんですよ。
この前の流星群も夜中にアパートから見てみました。アパートの照明が明るすぎて苦戦したけど、それでも5分くらいで二つ流れ星をみることが出来ました。

いつか日蝕を見てみたいです。たしか4年後くらいに日本でも見られるんですよね?

子供達と見る日が楽しみです。ふふふ♪
[PR]
by nokorakuda | 2007-08-28 22:01
金曜の夜から旅友達のいちろう夫妻が遊びにきてくれました!

f0082659_14141741.jpg

土曜の朝早く起きて出かけたのは西伊豆某所の私のお気に入りの海!

ここは透明度抜群でシュノーケルには最高の小さな磯浜。
マスクをつけてプカプカ泳いでいれば、トロピカルな青いお魚、黄色いお魚・・・他にもいろんな種類のお魚と思う存分遊ぶことができるのです!

f0082659_14145990.jpg

悠大もこの夏海は3回目。 
海遊びもすっかり慣れたもの。 
ラッシュガード姿も板について、日焼けした肌も一段と男らしくなってきました!

私も臨月みたいな大きいおなかでしっかりお魚と遊んでしまいます。
普段体が重い妊婦には、重力から解放される海の中がそれはそれは心地よいのです。
おなかの赤ちゃんも気持ちよさそうにポコポコ動いています。

f0082659_1341199.jpg

泳いだあとは浜辺で海の幸を堪能。
おなかいっぱいに食べた後はみんなとろけるようにお昼寝。
悠大も石の上でぐっすり寝入っていました。ワイルドだなぁ。
やはりここらへん、母親ゆずり・・・。(笑) 

みんなが寝ている間には私は再びひと泳ぎ。
私はとにかく海で泳ぐのが大好き!
この日はいつになく水も澄んでいて、透明度は5m~10mくらいあったもの。
こんなにきれいでお魚いっぱいの海、寝てるなんてもったいない!
みんなが呆れるほどずっと泳いでいたいのです。

f0082659_1341271.jpg

海から上がったらのこラクダ特製のカキ氷でみんなの目を覚まします。

飲み友達のおじさん特製の4年モノの梅シロップをたっぷりかけたカキ氷は、さやわかな酸味で
めちゃめちゃおいしい!
このおじさんがくれる梅酒と梅シロップは絶品なんだよね。 母の作る梅酒よりもずっとおいしいの。
ちなみにお酒が飲める友達が来た場合は梅酒のカキ氷となります。(笑)

f0082659_134127.jpg

たっぷり遊んだ後、沼津に帰ってきました。

なんと今日は沼津の海上花火大会!
おいしくて安くて評判の沼津自慢の魚がし寿司で「近海にぎり」をテイクアウトして、浜辺へ。

広々浜辺で涼しい海風に吹かれながらおいしいお寿司をつつき、花火を堪能。
なんて贅沢なひととき!

家に帰ってシャワーを浴びたらみんな死んだように寝てしまいました。(笑)



次の日も張り切ってお弁当を持っておでかけ。
今日は富士山方面に出かけます。
f0082659_14183178.jpg

最初に行ったのは「日本の滝100選」で1位に輝いた名瀑、「白糸の滝」。

雪解け水が岩盤から直接幅200mにわたってしみ出して糸のように落ちているこの滝は私も子供の頃から大好きで、ぜひ二人を案内したかったのです。

f0082659_14192054.jpg

それにしてもなんという清涼感!
水に足をつけるとすぐに痺れて痛くなるほど冷たいのです。
水はこれ以上ないほど澄んで、中を鱒が悠々と泳いでいます。

旅師の二人はあまりの美しさ&気持ちよさにその場を動けなくなってしまったようで、河原の岩に座り込んでいつまでもその風景に見入っていました。

f0082659_14194875.jpg

敷地内にはもうひとつ「音止めの滝」があり、美しい虹がかかっていました。

駐車場に戻ると暑い暑い!
「ソフトクリーム食べたい~!」
f0082659_1541576.jpg

ということで、お弁当を食べようと寄ったのが近くのまかいの牧場。
↓の記事ではまってしまったおいしい牛乳と、持参のお弁当、そしてソフトクリームでおなかいっぱい、幸せいっぱい♪

f0082659_14241652.jpg

「夏だから涼しいところに行こう!」
ということで、富士五湖の西湖の近くにある鳴沢氷穴へ。

この氷穴は、富士山麓にいくつかある風穴等の洞窟の中でも一年中自然の氷が見学できるという面白スポット。

普段は観光客も少なくひっそりしているこの洞窟だが、この暑さで信じられないほどの大混雑!
ディズニーランド並みの行列を耐えてやっと中に入っていく。

洞内はなんと気温0度。
ひんやりどころか、寒い寒い!

ラクダ父ちゃんは悠大を抱えて狭い洞内をしゃがんだり上ったり降りたり大変!
それでも父子ともども楽しんでいたみたい。

いちろう夫妻も「ひんやりもの大好き」だということで、旅人的冒険心も満たされ、満足してもらえて一安心。

帰りは私が運転して沼津に帰ってきました。
車の中は一同爆睡。

・・・なんだ、私が一番元気じゃないの。(笑)

てんこもりの二日間、楽しかった~!

お二人、また来年も絶対に来てね!
[PR]
by nokorakuda | 2007-08-27 13:41 | 旅行・お出かけ

まかいの牧場♪

f0082659_20112285.jpg

ゆうだいとゆなちゃん。 3週間違いで生まれた仲良し同士♪


だいぶ前になってしまいましたが富士山麓にある「まかいの牧場」に行ってきました!

今まで何十回も通りがかっていましたが、実際に入ったのは初めて。
ママ友達に誘われて一緒に行ったのです。

いや~、よかったよ、まかいの牧場!

なにがいいって、まず、入場料が安い。  
700円。
ちなみにこの入場券、一ヶ月有効だから、近所なら毎日行ってもヨシ。

で、入場してしまえば牛の乳搾りやら家畜たちに触ったりエサあげたりするのもほとんどタダだし、乗馬だって600円だよ。安い!次は絶対に馬に乗るのだっ!

ショップ利用だけなら入場料はいらないから、道の駅的な利用ができて、アイスだのヨーグルトだのパンだの買って食べれるんだけど、それがすご~くおいしいのです!

いやー、今までそういうこと全然知らなくて寄らなかったのが悔やまれてならないわ。


で。

そのまかいの牧場にお互いお弁当持参で入場。
晴れていれば子供達が喜ぶようなアスレチックのある広い芝生の上にシートを広げてくつろげるのだが、あいにくの霧雨だったので自由に使える休憩スペースでゆったりとお昼ご飯。

お弁当持参OKって、小さい子連れにはとってもありがたい!
授乳用の小部屋も完備だし。

ちなみにココの「農場レストラン」の食事も地元のオーガニック野菜やお肉&乳製品で作っており、母曰く、とってもおいしいらしい。

食べ終わったら霧雨もあがっていた。 

「のこさん、今日はニンジン持参で来ました!のこさん達の分もありますよ。」

ニンジン? 

悠大の離乳食に茹でてきてくれたってことかしらん?

・・・と思ったら、ポニーやヤギさん達にあげるニンジンのことだったのだ。

「きゃ~!ありがとう! 私そういうの、大好き!!!!」

まるで子供のように喜んで私は動物たちにスティック状に切ってあるニンジンをあげるのだが、友達は自分で持ってきたくせに「怖い怖い」と。

悠大は動物達に興味津々。
ヤギにも羊にも自分から手を伸ばして触っている。

悠大にニンジンを持たせて、

「ほら、羊さんにハィってあげて。」

というと、上手にニンジンを動物達にあげてうれしそう。

全く怖がらないのはまだ怖さを知らないから?
私が全く怖がらないからかも知れない。

f0082659_1942945.jpg


また少し雨が降ってきたので、300円で参加できる
「牛乳ができるまで バスツアー」に参加することにした。

牧場の外にある専属牛舎の見学ができるそうだが、絞りたて牛乳とソフトクリームの試食ができるのが何よりの魅力!

バスで15分ぐらい走って牛舎に行き、いろんな説明を聞いた後、牛舎の隣にある店で牛乳を試飲。

「うわっ!甘~い!!!」

とにかく濃厚というかクリーミィで、驚くほど甘いのだ。
牛乳というより生クリームを飲んでいるような感じ。

スーパーで売っている牛乳は腐敗防止と成分的に安定させる為に脂肪の分子を細かくしてサラサラの食感になっているのだという。 
一方まかいの牧場の牛乳は成分無調整で低温殺菌のノンホモ牛乳・・・

とにかく、今までの牛乳の常識を覆す味に感動してしまった。

そして牧場に帰ってきてお待ちかねのソフトクリーム試食。

f0082659_1943090.jpg

うわっ!
すっごいおいしい!!!!


あまりにおいしかったから帰りに売ってるソフトクリームも買って食べてしまった。


このソフトクリーム、母はこのまかいの牧場の前を車で通るたびに買って食べているのだという。
私が初めて食べた、すっごいおいしかった! と言ったら、今更何言ってるの?という具合。

嗚呼、今まで知らずにいたのが本当に悔やまれるよ。

f0082659_1943082.jpg

とにかくおいしかった&楽しかったまかいの牧場。あなどれません!

牧場内に入らなくてもいいから、富士山の富士宮側まで来たらぜひ車を止めてソフトクリームと牛乳を味わってください~!!!
[PR]
by nokorakuda | 2007-08-19 19:04 | 悠大成長記録(妊娠・出産)

夏はずんだ餅!

f0082659_171547.jpg

お盆だからというわけではないですが、
この前から「ずんだ餅を作ろう!」と思っていて、今日作りました!

ずんだ餅ってのは仙台名物の枝豆餡のおはぎね。

近所の業務スーパーで剥いてある冷凍枝豆が500g150円くらいで買えるから気軽にできちゃうんだよね。

うちにはすりばちが無いから豆の薄皮を取ってひたすら潰すのが面倒だけど、テレビを見ながらのんびりやれば別に、ね。

手間かけても食べるのは一瞬!

普通においしかった!こんなの失敗しようがないもんね。

また作ろうっと!
[PR]
by nokorakuda | 2007-08-15 17:15
f0082659_21364568.jpg

(↑おなかの赤ちゃんを上から見た図。 丸いのが頭。両ひざと右足の足先がよくわかります。)


わたくし、8月7日に妊娠7ヶ月に突入しました~!

予定日は11月30日。

おなかの子、すくすく育っています。 
腹回りはすでに91センチ。どこからどう見ても妊婦。
おなかの赤ちゃんはたぶん身長30センチ、体重600gぐらいになっていることでしょう。

体重は6キロぐらい増えたかな。
悠大のときには出産時には妊娠前と比べて15キロも増えてしまったことを考えればまぁ、いいか。

・・・とココまで書いて過去の記録を調べてみたら、

腹回り91センチといえば、悠大妊娠9ヶ月のときの腹回りだわ。
ついでに悠大のときの妊娠7ヶ月目の頃はまだ5キロぐらいしか増えてなかった。
なんとまぁ。 気をつけないと! 

でも、最初の妊娠のときに比べると、体調も精神状態もすごくよいのです。
まさに二人目の余裕。

おなかが張ることが全然なく、広くてやわらかいおなかの中で、赤ちゃんはすごくよく動きます。
きっと悠大よりもずっと大きな子が生まれてくるんじゃないかしら。

動くと姿は見えなくてもかわいいのよね。
私もいっぱい話しかけながら、ポンポンおなかをたたき返してあげています。


この前病院に行ってきましたが、おそらく女の子だと判明しました!

うれしい~~~!♪

もう一人男の子でもいいと思っていたけれど、やっぱり女の子は欲しいもの。

女の子のかわいさって男の子のかわいさと全く別でしょう?
想像するだけでかわいくてかわいくて!

もし男の子だったとしても
うれしい~~~!♪ って言ってたと思うけどね。(笑)


この日、たまたまラクダ夫が休みで病院に一緒に行ったのですが、
エコーを見るときに「お父さんも一緒にどうぞ」と言われ、ラクダ夫はエコー画像と胎児の心音を初体験。
おなかの中で生きている、動いている赤ちゃんを目の当たりにして、うれしさと実感がぐっとアップしたようです。

その日から早速名前を考え始めたりして。

今のところ思いつきや語感でしか考えていないけれど、
「はるか」「あおい」「あやか」あたりが候補にあがってたりします。

ラクダ夫は調子にのって「来年の夏には、はるかは海で泳げるかな?」などと、
もう暫定呼び名を使っています。
 
なんて気が早い・・・。 (汗)

どうせ明日になったら「あやかが生まれたら」なんて、勝手に暫定呼び名が変わっていることでしょうけど。


私も女の子とわかったら急に赤ちゃんのことが身近になって、私のことやらくだ夫のこと、悠大兄ちゃんのこと、その場その場の実況中継などなど・・・いっぱい話しかけてあげるようになりました。

実は産院においてあった胎教のについての小冊子をもらってきて読んだのです。

胎児ってお母さんの言葉を理解しているだけでなく、テレパシーで映像を赤ちゃんに送ってあげると、なんとそれが見えるんですって!
お母さんの顔、お父さんの顔、お母さんのマタニティーウエア・・・赤ちゃんはみんな生まれる前から知っているらしいですよ。

おなかの赤ちゃんと会話もできるんだそうです。
たとえば、赤ちゃんがおなかを蹴ったときに、お母さんも赤ちゃんに話しかけながらおなかをポンとたたく。
それを続けていると、
お母さんがおなかを1回たたけばおなかの赤ちゃんは1回蹴り返す。2回たたけば2回蹴り返すようになるそうです。
また、「おなかを2回蹴ってね」と言うと、赤ちゃんはおなかを2回蹴ってくれるようになる・・・。

そしてお母さんの妊娠中の精神的な健康が赤ちゃんの性格にすごく影響するらしいんです。
お母さんが妊娠中にストレスやイライラが多いと、赤ちゃんも最初から神経質で情緒不安定な子が多いとか。 

とにかく赤ちゃんは生まれる前から感じたり考えたり、テレパシーを受けたり・・・いろんな能力があるらしく、科学的にもいろいろ解明されてきているそうです。


胎教ってあまり考えていなかったけれど、とにかく母の私がいつも健康で幸せで、いっぱい赤ちゃんに話しかけてあげることがとても重要だということがわかったので、なるべく実践してあげよう、と思っています。

「生まれた時からハッピーな子」って、想像するだけでも素敵だもの!


これからも生まれてくるわが子のためにハッピーなマタニティーライフを楽しもうっと!
[PR]
by nokorakuda | 2007-08-14 01:05 | 悠大成長記録(妊娠・出産)
f0082659_8584981.jpg

f0082659_8584998.jpg

f0082659_8584922.jpg

今日は悠大を初めて海に入れてみました!

お下がりの水着はレスリング日本代表みたいで笑えるけど、我が子ってのは何を着てもかわいいのだ。(笑)

波打ち際は大変だから、大人の足がつくくらいの場所で波にふんわりゆられます。
悠大は足入れ浮輪に入ってぷかぷか。

すごいよ。全然平気なの。
波が怖くないのかねぇ?

海水がしょっぱくてびっくりしないのかねぇ?

さすが海の子。おちついたものでした。

お散歩ついでの海水浴なので海には一時間もいなかったけど、私も泳いだし満足満足♪

帰り道、悠大は家まで全部自分で歩いてくれました。

おなか大きいと抱っこが重いんだよね。
歩けるってすばらしい!

仕事以外の日に実家にいる事ってあまりないから一歳児が歩ける距離に海があっても泳げるチャンスはなかなかなくて。

沼津の海もラクダ家からすぐだけど、駿河湾のどん詰まりだから浮遊ゴミが集まってしまい、汚いんだよね。
やはり実家の海が一番!

みなさん静岡の海に遊びに来て下さいね!
[PR]
by nokorakuda | 2007-08-08 08:58 | 旅行・お出かけ

お祭りの戦利品

f0082659_2324341.jpg

今日はラクダ夫の実家の地域のお祭り。

義弟家族が来るというのでバーベキューでもやってやるかと。
一人でせっせと支度して実家へ。

ラクダ夫が夜勤でいないから私一人で頑張らないと。

とはいえバーベキューだから簡単なのだ♪
じぃじもはりきって手伝ってくれるしね。

弟家族の子供たちは悠大といっぱい遊んでくれるから助かるの。


バーベキューが終わった頃、近くのお祭り会場へ。

ああ、みんな輪になって盆踊り踊ってるよ。
若者たちが揃いのお祭り法被着てるよ。

なんか、すごいな。

完全に町内だけで運営しているらしいこのお祭り、町内の人は全世帯1000円の券一枚以上買う事になっている。

その券にはヨーヨーだの焼きそばだの、いろいろなチケットが印刷されていて、会場で該当の品と交換していく仕組み。

それとは別に生ビールとジュースは無料でなんと飲み放題!

他にも抽選会があって、ハズレでもトイレットペーパーが12ロールもらえるし。


じいじは1000円の券を二枚持っていたので二つづつもらえるはずなんだけど、なぜかいろいろオマケしてもらえるので、帰りにはずっしりと戦利品が。


いやはやすごい。

以下がもらってきた品々。

ヨーヨー6個
白玉ぜんざい5個
ジュース11個(!!)
生ビール二杯
串カツ 2パック
焼きとうもろこし2本
焼きそば2つ
フランクフルト 2パック
キャラメルポップコーン2つ
トイレットペーパー 12ロール


ぶっちゃけ生ビールとジュースだけで2000円のモトがとれてるんですけど。(汗)

そして小規模ながらちゃんと打ち上げ花火も上がるのだ。


このお祭り、どうしてこんなに太っ腹なんだろう?
強制的に買わされる券だけではこんな費用が賄えるはずがない。
町内会費や寄付など、日ごろからさぞかしいろんなお金を払わされるはず。

「ここに住むと一体年間いくらぐらいお金とられるの?」
と聞いてみると、興味深い答えが帰ってきた。

実はこの地域には、共和会というものがあって、山などの土地を共有で持っている。
その土地がゴルフ場や自衛隊の演習場などに貸し出しされているので、毎年億の金が入ってくるのだ、と。

そのお金の一部がこの祭りに還元されているのだ、と。

そういえば共和会といえば他にも
温泉の無料宿泊券(一枚1万円分)が会員1世帯につき2名分無料で配られたり(今年2月に私たちが使わせてもらった)、
無料でゴルフのラウンド券がもらえたり、
ガソリン年間3万円分が配布されたり。
いろんなことで還元されているのでラクダ家も多少の恩恵を受けている。

しかしこの共和会、誰でも入れるというものではない。
何十年も前に共同で出資した家だけで構成されており、この地域に何世代にもわたって定住していることが暗黙の条件になっており、よそ者がこの地域に越してきたからといってすぐに入会できるものではないのだ。
入会するにしても200万円以上の出資が必要で、新規に入会したところで20年や30年でモトが取れるものでもないのだそうだ。

へぇぇぇぇぇ・・・・・。


とにかくこの家に嫁に来て、わかったのはこの土地に代々住むということがいかに重要なことかということ。

私が悠大に、大学などいかなくていいから我が家の四代目として地元で地域に根ざして生きていってくれたほうが・・・とつい思ってしまうのはそういうわけだ。

会社勤めをしながら田んぼや畑を耕しつつ親子3世代同居で、驚くほど地域社会密着型の生活は、どう考えても今風ではない。

しかしこんな田舎でも、実家の周りの家々のほとんどには私と同世代の若い家族が親と同居していて、私たちが沼津のアパート暮らしであることを、全く不思議なことのように思われている。

なので、私は
「子供が小学生になる頃には間違いなく同居していますから、よろしくお願いします」
と結納のあいさつ回りの時から言い続けている。
そして、
「早く来てね!」
とその度に言われるわけだ。


そんなわけで、戦利品の話から3世代同居や田舎暮らしのヒミツまでいろんな話になってしまったが、とりあえずお祭りは単純に楽しかった。

来年はラクダ夫も参加で、無料生ビールを絶対に飲もう!

飲むんだ!

飲むぞ!!!!

ということで、お祭りの日の話。
[PR]
by nokorakuda | 2007-08-04 23:02 | らくだ家的つれづれ

悠大プールデビュー!

f0082659_20303372.jpg

f0082659_20303379.jpg

f0082659_20303354.jpg

f0082659_2030332.jpg

今朝、夜勤から帰ってきたラクダ夫が「今日はプールに行こう!」
と突然言った。

私は泳ぐのが大好きだからものすごくうれしくて!

ラクダ夫が昼まで寝ている間に、大きいおなかでも履けるようにスイムパンツをお直ししたり、水着を選んだり、悠大の足入れ浮輪を買いに行ったり。

とにかくわくわく♪

すでにおなかは相当大きいけれど、黒いラッシュガードを着てしまえばぱっと見はただのデブにみえなくもない?

他の水着だったら入場をことわられそうなくらい目立つんだけどね。

行ったのは富士のマリンプール。

海岸に隣接してて、ロケーションも最高なこのプール、市営とは思えないほど立派で、
流れるプールに波の出るプール、何種類ものスライダー。ちいさな子供用のプールには幅の広い大きな滑り台がついていたり。

広々休憩所では持参したお弁当を食べてくつろげるし、アイスや軽食の売店もある。

この設備で大人500円子供100円~300円はめちゃ安♪

はたして悠大のプールデビューは?

足入れ浮輪に乗せてプールに入ってみると、最初はおそるおそる、でもすぐに慣れてしまい、キャッキャとはしゃいでうれしそう!

床に届かない足を動かしながら水面をパシャパシャ叩いたり、くるくる回してあげたり。
私もうれしくて♪

一時間しっかり遊んですごくいい運動になりました。

私もラクダ夫と交替で流れるプールを二周くらい泳ぎました。

今月の海デビュー、9月の沖縄に向けて、お試し練習としては大満足♪
さすがスイマーの息子、悠大だわ!

妊婦でも問題なく泳げる事もわかったしね。

妊婦って体が重いしバランス取りにくいから運動が大変なんだけど、重力から開放される水中はほんとに楽園♪
絶対また来ようっと!
[PR]
by nokorakuda | 2007-08-01 20:30 | 悠大成長記録(妊娠・出産)