三人の子供達とパワフル母ちゃん。楽しいラクダ家へようこそ!


by nokorakuda

<   2007年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

マタニティウエアの話

f0082659_22274231.jpg

↑悠大を出産するちょうど一ヶ月前。



今、私は妊娠5ヶ月と3週目。 
おかげさまで5ヶ月に入ったら長く続いた微熱体はすっかりおさまり、体のかゆみもやっとおさまった。

そして私のおなかはすでに一人目のときの7ヶ月時ぐらいにふくらんでいる。

一人目のときには5ヶ月になってやっと普段はいているジーンズがきつくなったかな、という感じだったのに、さすが二人目。

どこから見てもすっかり妊婦。
それがなんだかとてもうれしいのだ。
もう一ヶ月前から外出時にはお気に入りのマタニティーウエアで「いかにも妊婦!」をアピールしている。

妊婦というのは、基本的にいつでもハッピーなもの。 
体はきついけれど、感情の起伏は激しいけれど、それとは全く別の次元で自然と湧き上がってくる幸せにいつも包まれている。

そんな幸せをすれ違う人みんなにおすそ分けできるマタニティーウエアを着て歩くのは、なんとも楽しい気分だ。

ただ、それは二人目の余裕。
一人目を妊娠したときにはマタニティーウエアは本当にお腹が大きくなる8ヶ月頃までほとんど着なかった。
ジャンバースカートでは足元が寒かったのもあるが、7ヶ月でやっと結婚式を挙げたデキ婚の私には、いかにも妊婦です!というマタニティーウエアを早々と着てアピールする気にはならなかったのだ。 

それに、私の持っていたマタニティーウエアは約20年前に出産した方からのいただきもの。
流行のないシンプルなデザインだったので今着るのに抵抗はなかったが、
どう見ても「私は妊婦です!」とアピールする為だけの服であり、普段着ていて楽しい気分になるようなものではない。

かといっていざマタニティーウエアを買いに行こうとしても、そもそもどこに売っているのか皆目見当がつかない。

デパートなどに行けば売っているのだろうが、やたらに高くてとてもたった数ヶ月のために買う気にはなれない。
安売りベビー用品の西松屋あたりにも少し売っているが、あまりにも、あまりにも安っぽくてデザインも最悪。 おしゃれに縁遠い私でもとても買う気にならないしろものだ。

マタニティーウエアって、日本ではどこに売っているのだろう?

みなさん、マタニティーウエアの店なんて見たことありますか?
若い主婦が普通に買えるぐらいの値段で、マタニティーライフが楽しくなるような服が選べる店・・・。

少なくとも静岡にはない!


アメリカ旅行中に普段はいている黒いパンツがきつくなってきたので、マタニティーウエアを買いに行った。

実は最初からアメリカに行ったらマタニティーウエアを買おう!と楽しみにしていたのだ。

ロスでいとこのお姉さんに聞いてみたら
「あるよある!マタニティー専門の店!行こうよ楽しいよ!」

行ってみたら、びっくり!

なんとまぁ、かわいいデザインのマタニティーウエアが山ほど!
どれもおしゃれで、遊び心があって、とにかくマタニティーライフが楽しくなっちゃうような服ばかり。

しかも、どれも驚くほど安いのだ。
一着20ドル程度で何でも買える!

アメリカ滞在中一番楽しかった、と行っても大げさではない。
一気にテンションあがりまくりで次々と手にとって試着!
なにせ、妊婦や授乳中の一年間は全くおしゃれができなかったのだから。

そして買ったのはコレ!

f0082659_1938592.jpg

やわらかい綿ジャージ素材で一番活躍している上下セット。 (セットで20ドルぐらい)

f0082659_1938531.jpg

ウエスト部分だけがぐ~んと伸びる素材になっているジーンズ(17ドル)と、
ギャザーがかわいいトップス。 そのまま着る勇気がないのでTシャツと合わせて。(18ドル)

f0082659_1938568.jpg

ポップな花柄の綿のショートワンピに涼しい綿パンツのセット。(20ドルぐらい)

見れば見るほどかわいい!
うれしくてうれしくて、次の日から早速着て歩いてしまった。

但し、なぜかどれにもポケットがついていないので不便。
う~むさすが・・・ハンカチを持たない国、アメリカだ。


この店はアメリカ全土にチェーン展開しているらしい。
こんな店が日本にあったら・・・・!

妊婦や産後の生活というのはいくら幸せでも体がきつい。
せめて、お気に入りの服を着て外を歩ければどれほど楽しいか!

日本にもこういう店があれば、と心から思う。
[PR]
by nokorakuda | 2007-06-29 19:38 | 悠大成長記録(妊娠・出産)

一年って

f0082659_0563030.jpg

f0082659_056305.jpg

f0082659_0563034.jpg

f0082659_0563085.jpg

f0082659_0563026.jpg

一年ってすごいなあ。
さっき携帯に入っていり写真を見ていてしみじみ。

同じチャイルドシート、同じよだれかけ。

初めてスーパーのカートに座らせてみたのも去年の今頃。

成長するもんだわ。
[PR]
by nokorakuda | 2007-06-27 00:56 | 悠大成長記録(妊娠・出産)
a0097288_16245932.jpg

ニードルタワーから見たシアトルの街。 すごい都会! 

a0097288_16262082.jpg

到着した日は友人たちを招いて総勢20人のホームパーティー! 
ゲストが各々ビールや料理を持参するアメリカ式。
私たちもお寿司(太巻き)と肉じゃが、味噌汁、アボカドサラダを作って出しました。
大・好・評!!!!

a0097288_1629477.jpg

悠大も他の子供たちと楽しそうに遊んでいました。

a0097288_16294563.jpg

酔っ払って寝てしまう父子。

a0097288_16302717.jpg

シアトルで一番の見所、パブリックマーケットへ。 あらゆるものが安く売っていて楽しい!
ここの名物魚屋さんは魚をぶ~んと投げて運ぶパフォーマンスで大賑わい!

a0097288_16323136.jpg

お花もすっごく安いの! 最後の日にはお世話になったファミリーに花束をプレゼントしました。

a0097288_1634359.jpg

たくさんの島が橋やフェリーで結ばれているシアトル。 フェリーに乗ってしばしクルーズ。

a0097288_16362058.jpg

仲間15人連れ立ってマリナーズの試合を見に行きました! みんなマリナーズファンなんです。私たちも親子3人共日本から持参のイチローTシャツを着てハッスルハッスル~♪ 
生イチロー、この日は2安打2盗塁の大活躍、超・超かっこよかった!

a0097288_16393280.jpg

悠大もイチローになりきっています。

a0097288_1642826.jpg

バンクーバーに行ってまた戻ってきたときもホームパーティーでした。なんだかいつもみんなが集まってるのよね、この家。

a0097288_16433130.jpg

きさくな人たちです。

a0097288_16401461.jpg

お世話になったファミリー。 ありがとうございました! 
[PR]
by nokorakuda | 2007-06-25 22:22 | 旅行・お出かけ
f0082659_21245854.jpg



らくだ夫の実家になった山椒の青い実。
これをじぃじが煮たのをいっぱいもらいました。

「じゃこを煮てあわせりゃいいから。」

ちりめん山椒・・・。

ぶっちゃけ去年じぃじが作ったやつを大量にもらったけど、
ビリビリビリビリビリ・・・・
山椒入りすぎてるわ、山椒とじゃこの味がバラバラちぐはぐだわ、で要はぜんぜんおいしくなかったので、思いっきり味を直して煮なおしたんですけど。(汗)

てかさー!
ちりめん大量に買う金なんてらくだ家にはないんだよ!!!

。。。いや、それもそうなんだけど、しらすの町に生まれた私としてはね、地元のしらすはじゃこならじゃこのままで驚くほどおいしいから、わざわざちりめん山椒なんかにするなんて邪道としか思えないわけよ。

てなわけで!
大量の青山椒をどうやって使うか、えらいこと検討した結果!!!!

f0082659_21245893.jpg


「青実山椒入り牛肉のしぐれ煮」 を作ってみました~~~!!!!

だって。
牛肉だったらすごく安く買えるんですもの。
今日買ってきた肉は牛丼用の赤身の薄切りで、100g78円よ!♪
ちなみに牛コマだったら100g58円で買えるのですが、ちょっと奮発してみました!

実は私、ネットでみつけるまで牛肉のしぐれ煮なんていうものすら知らなかったんですが、要は薄切り牛肉を甘辛くポロポロになるまで煮て、ごはんにのっけて食べる・・・ふりかけみたいなものですな。

これがすっごく簡単でとってもおいしかったので、ここに紹介しちゃいます。


<青実山椒入り牛肉のしぐれ煮>

牛肉薄切り      500g
しょうが(千切り)   80g (参考量・・・私は山椒を入れたのでこれより少なめにしました)
さとう          大さじ5杯
しょうゆ        大さじ5杯
酒           150cc
水           300cc
みりん        適量
青山椒の実(煮てあるもの) 好みの量で
ごま油        大さじ1杯


1)ごま油を熱し、しょうがを軽く炒める。
2)1~2センチの幅に切った牛肉を入れ、炒める。
3)砂糖をいれ、照りが出るまで炒める。
4)酒、水を入れて沸かし、灰汁を丁寧に取り、その後は弱火で10分煮る。
5)しょうゆを入れ、山椒の実を入れて汁気がなくなるまで煮詰めてできあがり!


※) 本当は砂糖大3くらいで、しょうゆを入れた後に水あめを大さじ1入れるのですが、水あめがなかったので砂糖を多めにし、最後に私は適当なタイミングでみりんを入れて照りかげんを調節しました。

※) レシピは本来山椒が入らないものなので、山椒を入れるタイミングは私の好みでしょうゆと同時にしました。 そうすると山椒の味と牛肉の味がよくなじみますが山椒の風味はマイルドになります。
よりフレッシュな山椒のピリピリ感を楽しみたい人は出来上がる寸前に和えるような感じで入れて軽く炒り合わせてください。


いや~~~これ、本当においしかったです!
ごはんがいくらでも食べられちゃって、ヤバイです。
ゆうだいもバクバク食べてました。(あげるときに山椒だけは取り除いたけど。一応ね。)

絶対に失敗することのない簡単料理なのに手の込んだ贅沢なものという気がするところもポイント高し。
山椒をつかわずただの「牛肉のしぐれ煮」として作ってもおいしいですからどうぞ試してみてね!

さぁ~。明日は威張ってじぃじの所に持っていこうっと♪
[PR]
by nokorakuda | 2007-06-21 21:24 | らくだ家の食卓
f0082659_16394886.jpg

↑沼津御用邸にて



悠大は本日1歳2ヶ月になりました!
先週、久しぶりに身長と体重を測りに行ってきました。
1歳6ヶ月まで集合検診はないので、保健センターに行って私が測ったのです。

結果。

☆身長が伸びました~~~~!!!

身長76.1センチ
体重9600g。


ちなみに4ヶ月前の10ヶ月検診時には
身長 68.4センチ 体重 9100g。

更に4ヶ月前の6ヶ月の時には
身長 67.4センチ 体重 8200g。

ん~やっと身長が70センチ台後半になったじゃないのっ!♪
よかったね~悠大っ!

乳児身体発育曲線のグラフを見ても、4ヶ月前に身長がグラフの一番下の線にぶら下がっていたのがだいぶ真ん中のほうに!身長体重ともに標準サイズになってきました~!!!

あ~~~よかった。 本当にほっとしました。



f0082659_16394878.jpg

☆チャイルドシートデビュー!しました!

悠大が車に乗る時に使っていたベビーシートは1歳までしか使えず、後ろ向きに装着する、乳幼児専用のものでした。 
車に長時間乗ることの多い悠大の安全を考え、すぐに使えなくなることを承知で選んだものでしたが、1歳を過ぎた頃から窓の外を見るのが楽しくて楽しくて、後ろ向きで窓の外が見えないベビーシートに乗るのを嫌がっていたのです。

アメリカ旅行中にホームステイ先の家族が用意してくれていたこの手のチャイルドシートを利用した時の悠大のうれしそうなこと!

帰国後このシートに換えて悠大を座らせた時の悠大の喜びようったら!
うれしくてキャッキャと奇声をあげて、熱心に窓の外を見てましたよ。
次の日また乗せたら、今度は自分でこのシートによじ登って前を向いて座ったのです!

・・・・・こんなことならもっと早く換えてあげるんだった・・・。

このシートは4~5歳ごろまでは余裕で使えます。


ところで。二人目の子が生まれたときのために、どなたか使わないベビーシート、またはチャイルドシートを持っている方がいらしたら、譲っていただけないでしょうか。

今までのベビーシートを以前から7月末に生まれる友達の子に貸してあげる約束をして、「いつか二人目が生まれたら返してね」、と言ってたのですが、まさかこんなに早くできるとは・・・。
貸したはいいけど生後4ヶ月で「返して」とはさすがに言えず。(汗汗汗)


f0082659_163948100.jpg

☆ちょっとだけ立ちました!

まだ一人では立てない&歩けない悠大ですが、昨日と今日、ちょっとだけ自分で立ちました!
5秒ぐらいかな。
おめでとう~~~悠大っ!
片手をつないだだけで歩けるようになってきたので、自分で歩けるようになるのもほんとにもうちょっとです。


f0082659_16394883.jpg

パソコンの裏にもぐりこんで
f0082659_16394861.jpg

いたずら!

☆いたずらはさらに高度化

なんでもできるようになってきた感がありますね。
昼間はずっと一人て楽しく遊でいますし、ふすまを自分で開けて移動していきますし、ほしいもの、やりたいこと、細かいことも自分でどんどんできるようになってきました。手助けしてほしいときだけ半泣きして私を呼びます。

身長が伸びたのでいよいよ高い所の物にも手が届くように。
今一番困っているのはパソコン。 
ぎりぎり届く位置にあるキーボードやマウスに手を伸ばしてがんがんいたずらするのは前からですが、今日は小さくて目立たないパソコン本体のスイッチをとうとう発見してしまいビシバシ押してしまいました。モデムの電源も勝手に切っちゃいました。
・・・まぁ、何とかします。(涙)


f0082659_0275911.jpg

☆言葉を理解するようになって来ました。

まだしゃべれない彼ですが、こちらが話しかける言葉は少しづつ理解できるようになってきました。
一番得意なのは「携帯ちょうだい」。
携帯をいじるのが大好きな悠大に私が「携帯ちょうだい」というと、彼はハイ、と渡してくれます。
今のところ、これしかできません。(これだけかよ・涙)

でも「ちょっと待っててね」 「こっちにおいで」 など、応対は気まぐれながら、実はわかっている言葉がいろいろありそうな気配。
これからどんどんお互いが意思疎通できるようになりますね。うれしいです。

それと、何ができるかといえば・・・
何かを「はいどうぞ」と渡すと受け取り、「ちょうだい」と言うと、返してくれます。

お菓子など「はい」と渡すとうれしそうに受け取って食べ、受け取ったお菓子を私の口にも入れようとします。 
くれるのはいいんだけど自分の口に入れてベチャベチャになったものを口から出して私の口に入れるのはやめてほしいわ~~~(笑)

ついでに言うと、彼は私の口に指を突っ込むんで遊ぶのが好きなのですが、最近鼻の穴を狙われています。油断すると彼の指は私の鼻の穴に! (涙)



☆食事を自分で食べたがる&お箸やスプーンを持ちたがる

今までは自分で食べたがっても散らかすだけなので食べさせていましたが、いよいよ常にそうもいかなくなってきました。
こぼす&汚すは覚悟で自分で食べさせはじめています。

手で食べる分にはちゃんと口に入れてくれるのでいいのですが、お箸やスプーンはまだ無理。
無理だけど持ちたがるのよねぇ。 まぁ辛抱してやらせるしかないんですがね。


☆好き嫌いはありません

なんでも食べてくれるので助かります。
好き嫌いが出てくるのはもっと自我が出てくる頃・・・まだ先なのでしょうか。 

辛いものでも平気で食べちゃう。 食べさせるほうも食べさせるほうだけど。
私好みに作った大人の辛口カレーもバクバク。
カラムーチョだってバクバク。 タイ料理だって食べちゃうんですもの。

え? 子供に辛いもの食わせるな? まぁ、死ぬわけじゃなし。(笑)

哺乳瓶以外の飲み口(ストローや吸い口のついた子供用容器)からも飲み物が飲めるようになってきました。 
哺乳瓶以外だとクチャクチャと遊びながら飲んでたくさんこぼすので、つい哺乳瓶で与えてしまうのですが、ぐっと我慢してコップから飲めるようにトレーニングしなくてはいけませんね。


f0082659_025182.jpg

☆歯がほとんど生えそろってきました!

乳歯20本のうち、すでに17本生えています。
寝返りもハイハイもとても遅く、いまだに歩けない&しゃべれないというのに、歯だけはほかの子よりもうんと早く生えてしまいました。 
きっと食い意地のはったらくだ母ちゃんに似たんだな。


f0082659_0284411.jpg

f0082659_026173.jpg

☆掃除機大好き! なんでも押して遊びます。

悠大は手押し車のかわりに椅子でも箱でも雑誌でもなんでもかんでもズリズリ押して前に進んで遊びます。

一番好きなのは掃除機本体!
掃除機って小回りがきいてスムーズに動くから、まったく自由自在に家中どこにでも行ってしまいます。段差なんて軽くクリア!

室内だけでは物足りないらしく、掃除機を自分でべランダにおろして勝手にベランダを行き来して遊びます。
ベランダには踏み台に使っているブラスチック製のビール箱があり、それもズリズリ押して遊ぶのです。


・・・・ほかにも悠大の成長を感じることは日々たくさんあるのですが、こうして書くとなるとなかなか思いつきません。 
一歳を超えると赤ちゃんじゃなくてまさに人間。 いろんな要素が絡み合ってみるみる成長していくのを見るのが楽しくて仕方ありません。

次回はきっと「歩きました!」という報告ができると思いますよ。お楽しみに!
[PR]
by nokorakuda | 2007-06-20 00:29 | 悠大成長記録(妊娠・出産)
早くもらくだブログ開始以来1年3ヶ月。

や~~~~っとカテゴリー分けしました!

これで過去記事も見やすくなったよ。
これからもラクダブログをよろしくね!
[PR]
by nokorakuda | 2007-06-19 17:36 | お知らせ
f0082659_20561317.jpg

f0082659_20561345.jpg


昨日ラクダ夫が言った。

「そのビーフシチューのルーさあ、賞味期限切れてるから使わないと。」

「ああ、そうだねえ。ビーフシチューなんてうち牛肉ないから作らないもんね。」

そうなのだ。
ラクダ家は牛肉を買わないからビーフシチューが食卓に上る事がありえないのだ。

別に牛肉が嫌いなわけではない。
高いのと豚や鳥に比べて汎用性がないから月に一度の肉のまとめ買いの中に入らないのだ。

「今から肉買って来るか。」
とラクダ夫。

「じゃあ今日はビーフシチュー?」

「ビーフシチューが美味いのはスネ肉なんだよ。スネ肉は固いから赤ワインに一晩つけてから半日は煮込まないといけないから今日食べるのは無理。」

はあ。さいですか。

ラクダ夫は肉屋にいたことがあるのでこういうことにはやたらに詳しいのだ。

「でも赤ワインどうする?一本あけても飲みきれないよ」
と、らくだ夫。
「いいじゃん白ワインなら料理用のがあるし日本酒だってあるし」
と、私。

「でもビーフシチューは赤ワイン・・・」

はあ。うるさいなあ。いいじゃん別に市販のルー使うんだから。

「じゃあ安いの買う?うちにも赤ワインあるけどいいやつだからもったいない・・・
あったよここに!ハーフボトル。これでいいじゃん良かったねえ。」

「でもこれだけ一人で飲めるかなあ。」

なんだよ赤ワイン赤ワインってうるさいくせにハーフボトルくらい飲みきれよ!

「料理に半分くらい使うから大丈夫だよ。だってハーフボトルだよ?」



なんじゃかんじゃいいながら肉を買いに行った。
ラクダ夫が買ったのはスネ肉500g。

見たことのない量だ。これを一回で使うの?!

しかも肉の値段は500円!!!

一回に500円分も肉を使うなんてラクダ家初だよマジに!!!

嬉々として肉のかたまりを切り始めるラクダ夫。

「じゃあこれをワインに漬けておいて。明日昼の2時位から煮始めれば丁度いいから。」

はあ。わかったわかった。



で。

作りましたよ昼の3時半頃から!!
煮たのは4時頃からだけど。びみょーに言いつけ守ってないし。

コトコトコトコト・・・・・・。

牛肉って灰汁がすっごいいっぱい出るのね~。 
長らく使ってなかったからびっくりしたよ。

ひたすら灰汁を取る。 

ダメだ全然取りきれない! 

最後には茶漉しですくい始めた。 なんだ、最初からコレでやればよかった。

コトコトコトコト・・・・・。

あまり煮すぎても野菜が煮崩れると思い、1時間ぐらい煮たところで火を止めて寝かせる。
一時間ぐらいしたら少しルーを入れてまた30分位煮て、また火を止めて寝かせる。
ラクダ夫が5時ごろに帰ってきてから残りのルーを入れて15分ぐらい煮てまた寝かせる。


今日は天気がよかったから山ほどリネン類を洗って、布団を干して、家具を移動してまで家中の掃除をしてホコリを取り、カーテンと座布団まで洗って、2時間ぐらいかかる作業着の洗濯もし、仕事の用事もあって外出もしたからクタクタだ。

ラクダ夫にそのことを言うと

「やっと家事をがんばってやったじゃん。 俺がサラダ作ってあげるよ。」

やっと?! やっと????

やっとかよ!! 今まで妊娠で微熱が続いてたから細かいところまでできなかったけどわたしゃ
ここんとこすげーいっぱい家事やってるんだよ!!!
昨日だって3時間かけて鮎の甘露煮作っただろが!!!

・・・と思ったけど、サラダ作って欲しいので言わずにしばし休むことにした。


A型の彼らしく、几帳面に美しいサラダが出来上がった。
ちなみにドレッシングまで自分で作っていた。
(らくだ家はドレッシングもったいないから買わないので毎度作っている)

「すごいじゃ~ん。このドレッシングどうやって作ったの?」

「適当。 醤油とポン酢とすりゴマとレモンとごま油。ドレッシングなんて自分の好きな味で作るほうがいいよね。」

ラクダ夫、ご満悦である。 


で。


ビーフシチュー!

美味かったよ~~~~。

煮始めた頃固かったスネ肉、すっごいやわらか~くなってたよ!
ゆうだいもバクバク食ってたよ。

ラクダ夫、更にご満悦。

「美味いねぇ~♪ これなら弁当に持って持って行ってもいいよ。タッパーに入れてさ。コレとごはんとサラダでいいよ。」

・・・・ホントに入れてやる・・・・。


そんなわけで、
たかだかビーフシチューだけれども、
らくだ家としては大事件だったのである。


↓満腹になっていびきかいて寝ている悠大。
f0082659_20561311.jpg


↓ちなみに昨日作った鮎の甘露煮。 見た目美味そうだけどしょうゆが濃すぎた。(涙)
f0082659_20561369.jpg

[PR]
by nokorakuda | 2007-06-15 20:56 | らくだ家の食卓
f0082659_10381188.jpg

今日は月に一度のトリ皮のカリカリ焼きの日。

ラクダ家では月に一度まとめて肉を買いに行って冷凍して一か月間で少しづつ使うのだ。
まとめてといっても買うのは豚バラ500g、合挽き肉500g、鶏ムネ肉2kgだけ。

その2kgの鶏ムネの皮は冷凍する前に全部はいでしまい、カリカリに焼いてビールのおつまみにするのがラクダ家のお楽しみなのだ♪
びっくりするくらい出る油でカリッと揚げ焼き状態になった皮は塩胡椒でシンプルに食べます。

ん~美味い♪


実は私鶏皮が苦手でこうしないと食べられないの。



もうひとつラクダ家の食卓ニュース。


私納豆再デビューしました!

四半世紀のあいだ避け続けていた納豆。
思春期の頃、ある日突然
「こんなの女の子の食べるものじゃない!!!」

と強く思ってしまい、その日から一切口にしなくなった。

味は嫌いではない。
あの臭いと、なんでここまで、とうんざりするくらい下品に長々と粘る糸がどうしても許せなかったのだ。

ラクダ家でも納豆は禁止にしていて、万一ラクダ夫が食べようものなら風下に非難し、歯磨きするまで近寄らず、食器は自分で洗ってもらい、納豆の容器を洗わずに捨てようものなら大目玉。

ラクダ夫は懲りて納豆を食べるのはあきらめた。

それが私自ら再び納豆を食べる決心をしたのは、悠大に納豆を食べさせなくてはならない母としての使命感である。

日本男児が納豆食えなくてどうする!!!
(女の子はいいの納豆嫌い♪って言ってもかわいいから。)


久しぶりに食った納豆は相変わらずまずくはない。いや味わいがあって美味さはある。大豆は好きなのだ。

だが!
なんでこんなに臭わせる必要があるのか。
なんでここまで糸引く必要があるのか!

怒れてくるよ全くもう。
茶碗は絶対に重ねませんよ!!!絶対にね。

嗚呼。

ここまでしてなんで食べなくてはいけないんだろう納豆よ。

もうちっと栄養価が優れていなかったらあんたなんて完全スルーだよ。

なあ納豆よ。
[PR]
by nokorakuda | 2007-06-08 10:38 | らくだ家の食卓
f0082659_12133911.jpg

↑シアトルの家で前衛ピアニストになる悠大。


田舎特有の気合入った初節句のお祝いは本当に大変だった。

初節句のお祝いを大規模にやるのは長男だけだ。
次男、三男にになると家族だけでお祝いをすればいいどころか「長男の時にやったからいいよ」、とめんどくさいからあっさりスルーしてしまう場合も多い。

本来なら自宅に両家の親戚衆を呼んで、豪華手料理を振る舞い、その後近所の人も入れ替わり立ち代り訪れて酒宴となだれ込むのが流儀なのだが、
今回は最初に呼ぼうとした人数が36名だった為、部屋の場所を二箇所にしないと入りきらないと判断、料理屋を予約した。探すのには苦労したが、結果的には
その後私の妊娠がわかり、この頃毎日毎日絶対に下がることのない微熱(平熱より8分ぐらい常に高い)が続いていて、通常の生活すらできない状態だったので大正解だった。

呼んだのはラクダ夫側の両親の兄弟(じぃじ7人兄弟とばぁば5人兄弟)やその親の家や本家やラクダ夫の兄弟衆(ラクダ夫は4人兄弟)。それと私の両親。

総勢30名。

本来なら当然私の両親その兄弟と私の兄を呼ばなくてはいけないのだが、
私の出身である静岡市ではそういった風習は一切ないため、遠いだの仕事があるだのいろいろな理由をつけて私の両親を呼んだだけで勘弁してもらった。

なので、30人とはいえこのゲスト人数は通常よりもずっと少ないわけだ。 普通は50人60人が当たり前となる。

実の兄弟含めてみんながお祝いとして最低1万円(多い人はなぜか3万。なにか理由があるのだろう)包んで持ってくる。 
さらによせばいいのに手土産に菓子折りまで持ってくるのが流儀なようだ。

ちなみにこの日いただいた菓子折りは10箱以上!
こりゃ大変、と全部その日のうちに兄弟3家族で分けて持ち帰らせたが、お菓子だけでスーパーの袋に満杯!
勘弁してよ。まだ食べきれなくて残ってるよ。

で。

いただいたお祝儀基本料1万円で何をするかといえば、以下が内訳である。

会食代 
5000円 (4000円コースを注文し、飲み物込みで5000円以内となるようにしたが実際にはたいして飲まない人が多く、一人頭4500円ぐらいでおさまった)

引き出物 合計4000円相当 (実際には3000円程度に抑えたけど)
赤飯   600円
柏餅   420円
焼き菓子 1500円相当 (叔母のケーキやに注文して1000円にまけてもらった) 
洗剤3つ  1500円相当(実際は特売のを包んで1000円弱)


ということで、はっきりいってお祝いもらう意味な~~~~し!


これ以外にお祝いをいただく(あげる)慣習があるのは組内といわれる隣近所。
これは会食なしでお祝い金も5000円だが、引き出物の内容は同じ。

組内の人たちは慣習により女衆がつれだっていっぺんに家を訪れてくれ、5000円のお祝儀をくれ、子供を囲んでお茶を飲んで帰っていく。
着てくれたのは初節句より少し前の日だったが、これら15件に対して私たちは初節句当日に一軒一軒引き出物を持参してお礼に回る。


例外的に2万円3万円と包んでくれた人には、これにプラスして急きょカタログギフトなどを買ってきて引き出物の中に入れて、最低半返しにはなるように調節する。


他にかかる経費といえば

・自宅で振舞うちょっとした食べ物飲み物などの経費、
・主役や自分たちが着る衣装(気合を入れる人は和装にするし、子供の服は大抵レンタルで数万円の出費)
・菖蒲の花 (これは自宅玄関だけでなく料亭にも持参して飾りました。一本200円を15本買ったよ。)


それと重要なのが「兜」だ。

これは嫁の側の両親が贈る事になっており、私の両親が買ってくれたものを当日料亭まで運んでまた持ち帰り、即また和室に飾りなおし・・・(って兜は飾るの簡単なんだけどさ)


そんなわけで、ここまで書いただけでもその大変さがわかっていただけると思うが、
前日の準備や当日は本当に大変だった。


前日。

一泊準備をして沼津の家を出てラクダ夫の実家へ。
行きがけに花を手配したり引き出物に頼んでいたものや必要なものの買出し。

家に行ったら大掃除をしたり引き出物につける熨斗に「悠大」と筆ペンで書いたりこまごまとやることがたくさん。
ラクダ夫は料亭に兜を収めに行ったりカタログギフトを買いに行ったり。

時折お祝いに訪れるお客さんへも笑顔で対応。
熱がある私はこの時点でもうふらふらだ。


当日。

気合を入れて花を飾ったりたくさんの茶碗を用意したりこいのぼりを飾ったり。掃除をしたり。
着替えをしてメイクだって気合を入れて・・・というか自分の顔には時間はかからないが、あまりにも・・・というレベルの義母のメイクも超特急でしてあげるのに20分ほど。

ラクダ夫は頼んでいおいた赤飯と柏餅を店にとりに行く。
帰ってきたらこれらに熨斗を貼り、超特急で袋につめて人数分セット。

ここでお客さんが続々とやってくる。

まずはラクダ夫の自宅に集合し、マイクロバスで料亭に向かうのだ。

正午。いよいよ祝いの宴がはじまる。

ラクダ夫が挨拶。
悠大はしっかり陣羽織を着てかっこいいのだが、暑いのと大勢集まっている興奮でちっとも落ち着かない。
こんな機会に悠大を囲んで写真でも撮りたかったのだがとてもそんな余裕はない。

さすが田舎の店の4000円コース、スタッフが呆れるほど気が利かない。飲み物の注文など私が常に気を使わないと・・・。

2時間ぐらいしてお開きにしてみんなはマイクロバスに乗って帰ってもらい、私たちも兜などを片付けて車に乗せて帰宅。

それからまた接待が・・・・。

ほとんどの人は適当な時間に帰って行ったが、泊まっていく名古屋から来た叔父やラクダ夫の兄弟家族たちは夕食まで残っていた。

私たちは悠大を連れて夕食前にお祝いをくれた隣近所を一軒一軒、挨拶に回る。

その後私は夕食の支度。義妹たちが買出や準備など手伝ってくれた。

夕食後、夜8時ごろ私たちはおいとまして、お祝いをくれたけれど会食には来られなかった家3件ほどを回る。

3軒といえってもなにせ田舎だから山道を延々と、容易でない上に場所もちらばっているのだ。


・・・・長い一日。
なんとか任務を終えてらくだ家に戻ってきた。


翌日。私がダウンしていたのは言うまでもない。
[PR]
by nokorakuda | 2007-06-06 17:01 | らくだ家的つれづれ

悠大初節句の写真です!

悠大の初節句の写真が出来上がりました!

見て見て~~~!!!

気合入れて子供専門の写真館で撮ったよ♪

衣装はのこラクダががんばって作りました! 
なかなかかっこいいでしょ?(笑)

実際の初節句の大イベントは・・・・ホントに大変でした。
結婚式ばりに大変だった・・・ってかんじ。(汗)
どう大変だったか書きたいけど今日は疲れているので写真だけアップしておきます。

子供っていいよねぇ。お肌つるつるで。 
家族3人の写真も撮ったけど・・・・あまりのおばさん&おっさんぶりにがっかり。写真は正直だわ。(嘆)

でも10年後に見れば「私もこの頃は若かった」、って思うわけだから、いいよね!
f0082659_2232196.jpg


f0082659_2235390.jpg

[PR]
by nokorakuda | 2007-06-03 22:04 | 悠大成長記録(妊娠・出産)