三人の子供達とパワフル母ちゃん。楽しいラクダ家へようこそ!


by nokorakuda

<   2006年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

肉じゃが神話

f0082659_2345478.jpg


懐かしい思い出であるが、レシピものや前回のメリー話などでもたびたび登場する友達のみかちさんと初めて会った日。
女同士のぺちゃくちゃ会話の中に「肉じゃが神話」があった。

「男って肉じゃが好きだよねぇ。」
「みんなはどう?男に肉じゃが食べたいって言われたら、作ってあげちゃう?」
「やだ~~~。肉じゃがだけは避ける~~~」

一同、ギャーギャー言いながらもうなづいている。 若い女同士のかしましについていけない私。

「なんで? 私も肉じゃが好きだよ。作ってあげればいいじゃん?」
「・・・だって、肉じゃがだよ?肉じゃがはヤバイっしょ。」

彼女たちに言わせると、肉じゃがは特別な食べ物なのだそうだ。

男の「肉じゃが食べたいなぁ。」という言葉を受け入れるとき、それはあなたを受け入れます、という意思表示になるのだそうだ。

友達ならば彼女にしてください、と。 彼氏ならばお嫁さんにしてください、と。

まぁ、 肉じゃがに神話性を持たせる楽しみを、根拠がないからと一蹴するのも野暮というもの。
とにかく家庭料理の王者肉じゃがは、男と女の関係にとっては特別な食べ物なのである。(のだそうだ。)

そういや去年の私の誕生日(入籍日でもあるのだが)、ラクダ夫が「誕生日だから手料理をごちそうするよ」
と作ってくれたのが肉じゃがだっけ・・・・。

んなことはまぁいい。

そんなわけで、私も結婚してからは肉じゃがを作るようになったが、最初は悪戦苦闘

ラクダ夫に苦笑されたり、常連の皆様にいろんなアドバイスを頂いたり励まされたりして、一度素直に料理本の通りに作ってみようとやってみた。

それまでは上手く作れないと悩みながらも料理本の通りにやるのは抵抗があったのだ。

なぜなら私が持っていた料理本の作り方は私の知ってる肉じゃがの作り方の常識を外れたものだったからである。

しかし、作ってみたら、コレが美味い!!!

その後も何度も何度も作り、すっかりラクダ家の自慢料理となった小林カツ代さんの肉じゃが。
「小林カツ代」って誰だよ、って? 
だってそう本に書いてあるんだもんよ、料理研究家の小林カツ代さんの肉じゃがなんだそうで。


前フリが長すぎましたが、みかちにレシピ教えて!と言われたので、ご紹介します!
ラクダ家自慢の「小林カツ代さんの肉じゃが」。


--------------------------------------------------------------------------------

肉じゃが

材料(4人分)

じゃがいも    4個(600~700g)
牛薄切り肉   200g
玉ねぎ      1個

ごま油      大さじ1

<タレ>
砂糖       大さじ1
みりん       大さじ1
醤油    大さじ2.5


1)じゃがいもは大きめの一口大に切り、5~10分水にさらす。
玉ねぎは縦半分に切って、繊維に沿って1センチ幅に切る。
牛肉は長さを2から3つに切る。

2)フライパンにごま油を熱し、玉ネギを強めの火で炒める。
全体に油が回るまでよく炒めたら真ん中をあけ、そこに肉を広げて置く。

3)肉にタレを肉をほぐしながらコテッと煮からめ、全体を炒めあわせる。
  ここで肉にしっかりと味をつけるのがポイント!

4)じゃがいもを水気を切って加えて水1.5カップを注ぎ、強火で約10分煮る。
途中で一度全体を混ぜて上下を返す。

全体に火が通って、水気が飛んだら出来上がり!


--------------------------------------------------------------------------------


強火で一気に作るのが特徴のこの肉じゃがは、煮るというよりも蒸かすといった感じ。

出来上がったジャガイモは煮崩れずホクホク!肉はこってり味がしっかり。照りもよくて見た目も食欲をそそるのです。

レシピ通りといえども私は肉は豚肉派。にんじんもしらたきも入れちゃいます。

そろそろ結婚したくなってきたお嬢様方、つべこべ言わずに彼に作ってあげてくださいね!
[PR]
by nokorakuda | 2006-06-30 23:04 | らくだ家の食卓

メリーを作ってみたよ!

f0082659_18341780.jpg

f0082659_18341785.jpg

f0082659_18341749.jpg

日曜日。

のこラクダ自慢の美人の友達二人がラクダ家に遊びに来てくれました。

その時悠大のお祝いにと頂いたのが、箱全体が回転するオルゴール箱。
すっごくかわいいくて大感激。

これでメリーを作ってみました♪

ピンポンパンの工作コーナーやできるかな?が大好きだった私。
ペットボトルや割り箸、などを使って気分はのっぽさん。

出来たのがこれ!

せんたくばさみの先につけたのは眞紀さんにいただいた動物の指人形。

かわいいでしょ?

悠大くんは、かわいいオルゴールの音とともにゆっくり回るお人形を目で追いながら手ものばしたりして、とってもごきげん♪

生まれて2ヶ月と一週間。
数日前からうれしいとにこにこ笑ったり、なにか話しかけるように声を出したり、いつも目を合わせてくれたり、ますますかわいくなってとろけそう☆

たった二日であっさりと鬼母を挫折した私。あまりのかわいさに毎日ず~っと悠大をだっこして、こっちが子離れできなくなりそうなのです。ふふふ。
[PR]
by nokorakuda | 2006-06-27 18:34 | 手作り

日本惨敗で丸刈りだ!

f0082659_16521623.jpg

ジーコジャパンの夏は夏にならないうちにあっさり終わってしまった。

突然ラクダ夫が
「俺は丸刈りにする!」
と。

「ホントに?」

「だって小野も中田も短いじゃん。カビラも丸刈りだし。」

まあ短くしたからって中田になれるわけじゃあないが、ボサボサ頭が毎日気になっていたので短いこと自体は大歓迎。

早速バリカンを1780円で購入、ラクダ妻初めてのバリカン体験。

楽しい~!♪

最初はおそるおそる、だんだんこれでもかと。
刈り残った部分はハサミで丁寧に切る。

最後に後ろを刈り上げて終了!

いや~さっぱり!いい男!!!

・・・おっさんくせぇ。

清原だな。(うへぇ。)

やっぱり日本人は野球よ野球っ!
[PR]
by nokorakuda | 2006-06-24 16:52 | らくだ家的つれづれ

トマト料理の夏が来た!

f0082659_2105627.jpg

f0082659_2105629.jpg

私はトマト料理が大好き☆

今日はめずらしくこじゃれた感じでパスタ料理。

シェル形パスタ(業務スーパーで400g98円)にかけたのはシーフードのアラビアータ。

ニンニクと鷹の爪とタマネギを炒めて、トマト缶とツナ缶と水入れて、ワインとコンソメ入れて煮込んで塩で味ととのえて出来上がったら、
エビ(特売で一尾なんと9円!)とイカ(これも安くて一杯68円♪)をオリーブオイルでさっと火を通したのをあわせて出来上がり!

豆腐トマトはみかちレシピから。

豆腐(会社の)にトマト乗っけて塩と胡椒してオリーブオイルかけるだけ。

みかちレシピのシソがなかったから、タマネギとラクダ家で育ててるパセリをのせたよ。レモンもかけて。

いや~美味かった!
えらいこと安あがりで豪華な気分。


同じ食卓に昼のうちに作っておいた和野菜の煮物を出したんだけど、えらく違和感であんまり食べなかったわ。(笑)

なんかホントに主婦してるわあ。
[PR]
by nokorakuda | 2006-06-22 21:00 | らくだ家の食卓

一周年なのです。

f0082659_2234563.jpg

悠大二か月おめでとう♪
と書きたいな、と思っていたのだが、

さっき判明した。

本日ラクダ夫婦が付き合い始めて一周年なのです。

蛍を見に行ったんだっけ。たくさん飛んでたよ。

悠大ひざに乗っけてビールで乾杯でもしようかね。ははははは。(汗)
[PR]
by nokorakuda | 2006-06-21 22:34 | らくだ妻的つれづれ
f0082659_15304683.jpg

最初は沼津のサラちゃんと。このときは違うふとんだったのだが・・・

f0082659_15304651.jpg

調子に乗って富士宮のユナちゃんと。 オマエ手が早いぞ!手を出すな手を!

f0082659_15304642.jpg

さらには男とも!!!シューマ君、ユーダイ男だよ?いいんですか?

f0082659_15304697.jpg

こんなアホ面して・・・
大人になったとたんすぐにうっかりどこぞに子供作りそうだなぁ。
[PR]
by nokorakuda | 2006-06-20 15:30 | 悠大成長記録(妊娠・出産)
f0082659_17183599.jpg



出産してからもうすぐ2ヶ月。

産後の体の調子のほうはここ一週間でぐっと回復、やっと思うように体が動くようになってきた。

今日はラクダ夫が昼間家にいたので、昼食後ラクダ夫が悠大をあやしている約一時間で、できる限りの家事を猛スピードでこなす。
おかげで洗い物のあと、きちんとガスレンジの皿や足を洗い、レンジ周りをキレイにできた。

悠大が生まれる前は毎日必ずレンジ周りまでピカピカにしておいたものだが、今は時間がなくて、なかなかそこまではできず、レンジ周りは拭くだけの日と、レンジ皿を洗う日と、交互にやるのが精一杯。
鍋も以前のように丁寧に磨くことが出来ず、うっかりすると薄汚れてきたことに気づく。


独身の頃は、自宅のレンジ周りの汚れなんてキレイにする気などなく、いつでもうへぇ、汚い!と思いながらもそのまま放置していた。
そんな私も結婚したときに買ったこのガスレンジを大切に大切に使っている。

・・・だって、彼が買ってくれたんだもの。

なんて、ガラにもなくかわいいことを言ってみるのだが、本心だ。
私は掃除が苦手だが、このガスレンジと台所だけはできる限りいつまでもピカピカにしておきたいと思っているのだ。
気持ちのいい台所は、家族の幸せの象徴なような気がするから。

結婚してつくづく思ったが、主婦の仕事は飯炊き以外ない。
家族の健康を管理するのも食事。ダンナの浮気を防ぐのも食事。
どんなに家の中が汚かろうと、働きづめで忙しいのに食事だけは絶対に手抜きせずに頑張ってくれた母の気持ちがよくわかる。

さて、ラクダ家のガスレンジはいつまでキレイに磨いていられるだろうか。
[PR]
by nokorakuda | 2006-06-16 17:18 | 主婦のたわごと
f0082659_2127979.jpg


土曜日は悠大を連れて生まれたばかりの友達の赤ちゃんに会いにおでかけ。

5月15日にうまれたばかりの女の子、彩良(さら)ちゃん。

すやすや眠っている・・・女の子って本当にかわいい! ふわふわでいいにおい・・・・
ぷくぷくしたそのほっぺ、とろけそうっ!

出産時、何度も気を失ったという彼女。
出産前には突然体中にブツブツができ、その痒さは救急車を呼ぼうかと思ったほどだったそうだ。
今も私と同じで妊娠時よりはずいぶん楽だが蕁麻疹や体の痒みには悩まされているという。

みんなみんな、こうして母親の身を削って生まれてきてるのよね。

母乳オンリーと布オムツでがんばっている彼女。
体もきついだろうが、驚くほど穏やかな顔をしている。 そして、やわらかさの中に確固たる強さも。

・・・・母だなぁ。

私もそんなステキな顔ができているのだろうか。

大事な大事な赤ちゃん。かわいいかわいい赤ちゃん。
お互いにがんばろうね!



f0082659_21271154.jpg


夕方からはラクダ家にお客様。
すっかり得意料理になった肉じゃがと、チキンのガーリック焼きでおもてなしです。

ラクダ夫の会社の友達で、ブラジル人のブルーノと奥様のバレリ。

いやはや、美しいカップルでしょう~?
実はバレリは現役モデルさんなのです。

彼女は自分が雑誌に載った写真をファイルしたブックを持ってきてくれたが
いや~~~ホントにキレイ。

いや、本物はまぶしくてマトモに顔が見られないほどでしたよ。
f0082659_229946.jpg

身長170センチ ウエスト60センチ。

・・・・美しいって、いいなぁ。
それだけで思わずネタにしたくなっちゃうんだから。

ブルーノとバレリ、また遊びに来てね!
[PR]
by nokorakuda | 2006-06-12 21:27 | 友達が来たよ&会ったよ
f0082659_1832529.gif


ゆうべ。

悠大をお風呂に入れたあと、「ゆ~だいは お・ふ・ろ・が だ~い好きよ~♪」などといつものように歌いながら体を拭いていて気がついた。

「ゆーだいの○んち○がっ!!!!」

私は興奮してラクダ夫をよび、問題のそのブツを夫に見せた。


・・・・冷静に説明すると
赤ちゃんの○んち○は、写真のにんじんのようなかわいらしい形をしている。
なんと、昨日はそのニンジンの根元から太い茎が生えていたのだ!

ニンジンヘッドにシャフトがついた、と言えばわかりがいいだろうか。

突然現れたシャフト部分は約1センチ。ニンジン部分は約3センチほど。
まるで亀が甲羅から首を伸ばしたように、突如現れた息子のムスコの変貌した姿に、私は言葉を失ってしまった。

ラクダ夫に聞いてみる。

「ねーねー、こんなことってあるの?」

・・・・ラクダ夫といえども0歳児の時の記憶があろうはずがない。

「じゃぁさー、そのうちこのニンジン部分がアタマになるわけ?」

「そうかもね。ここが皮がむける部分」

・・・・実は私、皮がむける部分といわれてもピンとこないのだ。 だって、女の子だもん♪

「さすがラクダ家。こっちの発育はいいねぇ♪」

アホなことを言って満面の笑顔で喜んでるラクダ夫。



・・・・・まぁ、そんなことはどうでもいい。

突如現れた1センチほどのシャフトに戸惑いながら、いつものようにおむつを換えおわった。


・・・・伸びるものなのだろうか。 

その後、またおむつを換えたときには、そのシャフト部分は消えていた。


=========--
f0082659_10582154.jpg

わかりにくいとのご指摘をいただいたので、
もうちょっとわかりやすい画像をひっぱってきました。
要は普段は土筆のアタマの部分しかないのに、突然茎の部分がねぇ、1センチほど伸びて次の日には消えていたのよ・・・(あぁ。はずかしいっ!)
[PR]
by nokorakuda | 2006-06-09 18:51 | 悠大成長記録(妊娠・出産)

悠大の木

シモノフさんからプレゼントが届いた。


結婚祝と出産祝のダブルで2本、ということで、実のなる樹木を、という彼女らしいなんともステキな申し入れ。
ちょっと、というか、かなり個性的な何種類かの候補の中から選んだのは
イチジク(蓬莱柿)とヤマボウシ。



イチジクのほうは、二人で旅したパキスタンの秘境、チトラルの宿の庭で実っていた甘くて小さい思い出の品種。

日本で一般に売っているものよりも柔らかく、いたみやすいため、店には並ばないが、もぎたてを食べるには最高においしい品種だそうだ。
ぐんぐん伸びて、夏の終わりにたくさんの実をつける。
f0082659_16343556.jpg



ヤマボウシはちょうど今、白い花がたくさん咲いている。
秋には丸くて真っ赤な実をつける。
その味は甘くてクリーミーでまるでマンゴーのようだという。
f0082659_16343513.jpg



私は園芸は全くダメで、この木も届いた翌日には両方とも葉っぱがぐったりとしてしまった。
あわてて園芸店に電話をして世話の仕方を聞いて、教えられたとおりにたっぷりの水をあげたら見事にピン!と元気になってくれた。

そういえば悠大も生まれて4日後には脱水症状ぎみになってしまい、たっぷりのミルクをあげたらみるみる元気になったっけ。

贈られた木には、ステキなメッセージがつけられていた。

「ラクダファミリーの未来が、愛と笑いと旅にあふれた実り多きものになりますように。」

この木は今は鉢植えでベランダにあるけれど、そのうちにラクダ家が数年後に住むことになるラクダ夫の実家の庭に植えようと思う。

大きく育てよ、悠大の木!

f0082659_16343528.jpg
 
[PR]
by nokorakuda | 2006-06-06 16:34 | らくだ家的つれづれ