三人の子供達とパワフル母ちゃん。楽しいラクダ家へようこそ!


by nokorakuda

<   2006年 04月 ( 24 )   > この月の画像一覧

産後のカラダ。

f0082659_14162662.jpg

ラクダ王子悠大がこの世に生をうけて早10日。
彼はどんどんふくふくと可愛くなっているがラクダ母の体はとんでもないことになっている。


産後、私のカラダは何者かにとり憑かれたかのように不気味且つ劇的に変わっている。

なにぶん初めての経験で驚く事ばかりなのだ。
しかもそれが、現在自分の身に起こっているわけで。
あまりにも興味深いのでどうしても書き残しておきたくなった。


まずは腹の皮。

出産前、つくづくといった様子で「大きいねぇぇぇ」と先生や助産婦さんに言われていた、約1mもあった腹回り。
出てきた赤ちゃんはたったの2900グラムなわけで、何でまたこんなに膨れ上がっていたのか未だにナゾではあるが、赤ちゃんを出した直後は完全に元に戻るわけではなく、出具合はぽっこりと妊娠7ヶ月状態。

触ってみるとぽよ~ん・・・ぽよ~ん・・・と、なんとも気持ちよくやわらかいこの感触。
要は余った皮がたるんでいるわけだ。
しかし!クッションや癒し系ぬいぐるみじゃあるまいし、こんな腹の皮、いつまでもパンツの上にのっかってたら・・・どうしてくれよう。

そして、よくよく触ってみると、中にコリコリしたものがあって押さえると痛い。
聞くとこれは子宮だそうで、これがだんだん小さくなって、やがて定位置に収まっていくらしい。 なるほど。


次に、ヘソ!

ヘソのくぼみは産前伸びきってデベソになっていた状態のまま、だら~んと伸びきりくぼみは無し。
一体今後、どうなっちゃうんだ私のヘソよ?

久々に見たヘソ下のお腹の皮膚にはなんとも不気味に毛が生えて、ヘソ下のカラダの中心線が黒々と太く色素沈着を起こしているではないか。
あぁぁぁぁ。 
これは何ヶ月も続いたかゆみに薬を塗りつづけたせいか?それとも妊娠性のシミなのだろうか。(涙)

どうやら妊娠線とやらはないようだが、こんな黒々としたお腹、一生このままだったら恥ずかしくて銭湯にも行けないではないか!

ううう。見せられない醜体をわざわざ文字にして全世界に発信する私も私だが、本人不気味がりながらも面白がってるのだから仕方ない。


次は悪露(おろ)。

悪露というのは初めて知ったが、出産で胎盤その他が出た後、残りの子宮内の血液やらなにやらがダラダラと生理のように降り続けることを言う。

これが半端な量じゃない。
出産直後は言い尽くせないような量の血がダラダラダラダラと。

清潔にしないといけないからと、トイレの度にウォシュレットで洗うのだが、これがまた傷口にもさわり、痛くてたまらない。
だんだん日を追うごとに量は少なくなっていくのだが、産後10日たっても生理二日目くらいの量。
色は鮮やかな赤からだんだん茶色っぽくなってきた。

そしてやがてこれは黄色っぽくなり、透明に代わって、なんと1ヶ月後ぐらいで終了するのだそうだ。

1ヶ月だよ?!  まじかよー。かぶれちまうよ。


次は、体重。

私はなんと、出産前に15キロも体重が増えてしまった。
通常赤ちゃん3キロ、その他羊水や胎盤などで2キロ、合計5キロが純増分。
確かに出産直後は5キロ減った。

しかし、恐ろしかったのはその後の体重の減り方だ。

出産後は何ヶ月ぶりかにおしっこがシャーシャーと気持ちよく出た。
(しかし、恐ろしい事に尿意は出産後3日間くらいは感じられないのだ。ころあいを計って自分からトイレに行かないと大変なことになる)
むくみがウソのように取れ、足は見事に元通りの太さになり、明らかに軽くなった。

何日かぶりに体重を計ってみると、出産直前に対し、8キロ減。
おやつや夜食まで出るおいしい料理と、お祝いの差し入れまでバクバク食って、全く動いてないのにこの減り方。
むくんでいた水分だけで3キロもあったのだろうか。

退院した今はすでに9キロ減っていて、毎日少しづつ体重が落ちている。


次は、疲労。

出産はいくら大仕事といっても、一週間もすれば元気ピンピンに戻るかとたかをくくっていた。
しかし!
散々騒いでいるように出産時にちょこっと切って縫った所、表面は4日後に抜糸をしているが、中側は糸が入ったまま。これが痛くてたまらず、思うように動けない。

動けないからダラダラ寝ていたら、どんどん体の筋肉が失われていく。
そして、体がふわふわと常に微熱がある時のような感じで、足元がおぼつかない。
体は軽くなっているのに、身のこなしが重い。

このまま筋肉が失われたら・・・・。
マニュアル通り一ヶ月も安静にしていたらどうなってしまうのか。 

疲れは筋肉のせいだけではないだろう。 
実際貧血にもなったし、授乳やオムツの世話でまとめて睡眠が取れないことだってある。
だが思うにこれほどの体の劇的な変化に体が悲鳴をあげるのは当然だ。
病院にいた1週間は、モリモリ食べても、お得意の栄養ドリンクをいくら飲んでも全く楽にはならなかった。


次は、おっぱい。

母乳の出方は個人差が大きいのだが、おかげさまで出産後、ちゃんと母乳が出始めた。
それでも始めの3日間ほどは、量も少なく、赤ちゃんの体重がどんどん減って脱水症状気味になってしまったほどだったが、以後毎日少しづつスムーズに出るようになり、ほぼ問題ない状態になっている。

しかし、ありえないほどの爆乳だ。

昨日興味本位で計ってみたら、Fカップぐらいになっていた。
カップ数だけだったら見せてあげたいほどだが、腹はぶにょぶにょだわ、乳は重みで下がるは、ロクなもん
じゃない。
定時毎におっぱいを吸わせないと乳が張って痛くなる。これがウワサに聞くおっぱいが張る、っていうものか。

なんとまあ、母体とは不思議なものである。


ちなみに。

「女性は出産後、赤ちゃんと一緒にいろんな毒素がすっかり外に放出されて、肌がすごくきれいになるっていうよね?!」

などと、実際に何人の人にも言われたが、
ぜ~~~~ったいそんなの気休めのガセだ!!!

産後疲れで顔面蒼白、疲れとストレスで噴出すアゴニキビ。授乳による水分不足で肌の乾燥も日を追って増してきた。おまけに増えに増えた妊娠性のシミが一日で消えることなんてありえない。
他の産後ママたちも、年齢にかかわらずみんな同じように汚かったぞ。


そして。

ヘソの話に戻る。

なんとおとといあたりから、私のヘソが再びほんのりと凹んできた。
お腹のたぷたぷも毎日ほんの少しづつ元の様子に近づいている気がする。

前にも書いた脇毛やスネ毛は再びもりもりと生え始めた。





こんなこと書いて、私ったらもう、お嫁に行けないではないの。



後がないからには、せめて捨てられないように努力せねば・・・・。
[PR]
by nokorakuda | 2006-04-29 14:16 | 悠大成長記録(妊娠・出産)

おしりが痛い!(涙)

f0082659_439585.jpg

午前3時、仕事に出かけるラクダ夫におにぎりを持たせて見送ったあと、ちょっと座椅子にすわったのだが、出産時に切って縫った所がまだまだ痛くてたまらない。

そこでさっき、いらないTシャツで作ってしまいました!

円座。

夜中になにやってるんだか私。(←阿呆)

この程度のものなら1時間もかかりませんがね。

座ってみたらなかなか具合がよろしい。

さて、これでパソコン仕事もはかどるか?(はい、すっかり狼ですとも。旅行記。)
[PR]
by nokorakuda | 2006-04-28 04:39 | 悠大成長記録(妊娠・出産)

子育てデビュー。

f0082659_1265424.jpg

ラクダ妻の子育てが始まった。

この病院は母子同室。自分が辛ければ赤ちゃんを預けることもできるが、基本的には生んだ時から赤ちゃんのすべての面倒を見るのは母親だ。

私も生まれた夜は預けて休んだが、翌日からは早速部屋でおっぱいとおむつの日々。

なにせおむつの換え方すら知らない私だったが、やればなんでもできるものだ。

この病院ではおしりふきはカット綿をぬらしただけ。おっぱいも消毒せずにそのままくわえさせる。
消毒液でかぶれる赤ちゃんも多いのだ。実際私自身がそうだから助かった!

あまりに無菌状態で育てるから免疫力がつかずアトピーやらなにやら体の弱い子が増えるんだ、という先生の考えには私も大賛成。
なにせ私の悠大はアフリカ人並に強い子にしなくてはいかんのだ!バイキンなんかに負けてどうするっ!

おっぱいは母乳。
一応開通しているのでせっかくだから初乳の濃いぃところを飲ませたい。

初乳は免疫を作る成分などいろいろな部分で優れており、特別に素晴らしいものらしいのだ。

開通しているとはいえまだシャーシャーとたっぷり出るようになるには何日かかかる。
悠大もチュパチュパとけなげにすいつくが、力もまだ弱い。労多くして得るもの少なし、一度の授乳に一時間がかり。母子ともに疲れて途中で眠ってしまうほど。

出産翌日の最初は毎時、夜からは約二時間に一度の授乳。それは夜中も同じ。寝てる時間などありゃしない。

何が辛いっておしり?出産の時少し切って縫った所だよ。
痛くておきあがれないし座れない!歩く時も腰をかがめて老婆のよう。トイレだって苦痛なのだ。この痛みさえなければ今頃旅行記もガンガン書き進んでるはずなのに。

それでもけなげにチュパチュパおっぱいを吸う悠大がかわいくて苦にはならない。

しかしおっぱいをあげている時間は暇なものだ。空いてる片手で携帯をピコピコしていたり。(笑)

おむつのほうは最初はたいてい4時間おきだった。

生まれたての赤ちゃんのうんちはまるでパスタのバジルソースそっくりな緑色のペースト状。これが午前に出て午後はちょびっと出た。

昼はよく寝てくれて楽だったが夜はとにかくよく泣いて昼間寝ておくべきだったと大反省。

次の日はやはりおっぱいはゆっくりと二時間おきに飲むが丸一日うんちが出ない。
体重を計ると生まれた時に2900gだったのが2676gに。
生後はみんな落ちるものらしい。


生後3日目の次の日は、朝、30時間ぶりにうんちが。
体重は2556gにまで減ってしまい顔も黄色に。黄疸だ。

知らぬが仏でそれまで全く心配していなかったのだが、どうやらおっぱいの量がたりなかったらしいのだ。

母乳だとどのくらい飲んでいるか全くわからないわけで。

生後の体重減少は10%までだそうなのだ。
なんだよそんなの知らなかったよ~。

さすがに私もさっきおむつを換えた時に、今が体長における大きさの比率が人生最大なはずの、まん丸いタマタマが気の抜けた風船のようにしぼんでシワシワになっていたのに気付いて焦ったところ。

そこで母乳にミルクを足すことにした。

母乳のあとにミルクをあげたらこいつ、すごいいきおいで一気飲み!
今まで苦労しておっぱいあげていたのがバカバカしくなるくらい。
その後はうんちもおしっこも授乳の数にあわせて正常になった。
そしてまあ、ぐっすりよく眠ること!

おっぱいが足りてさえいれば子育てはこんなに楽だったのか。

しぼんだタマタマもプリプリに回復、ううむと唸って一安心。

次の4日目は私が貧血ぎみ。
抜糸をしたりで赤ちゃんを預けた間に一眠り。
その後もよく眠ってくれたので私もだいぶ体が休まった。

体重も昨日より100g回復して2650gに。

夜もミルクの威力で断然楽になった授乳とおむつ換えの時間以外はとてもいい子で寝ていてくれた。

私が少し寝る度に違う怖い夢を見て、泣きながら起きると悠大は私の指をにぎって心配そうに私の顔を見てくれている。

なんてかわいいでしょう!

その後は私も安心してぐっすり眠り、今朝を迎えた。私の体調もすっきり。

おっぱいが張ってきて母乳の出がよくなった。授乳時間は大幅短縮。
黄色かった顔もいつの間にかピンクに。
体重も順調に増えていることだろう。

明日は退院。

海と公園に咲く花が見たい。
家族三人で。
[PR]
by nokorakuda | 2006-04-24 12:06 | 悠大成長記録(妊娠・出産)

お疲れぎみ。

f0082659_1251487.jpg

なんだか今日は異様に疲れている。

丁度採血の日だったのだが貧血ぎみだと。
どうりで。

ふだん貧血なんて縁がないが、おっぱいをあげてる最中も眠りこけてしまうので赤ちゃんを預けて少し寝ることにした。
今、抜糸もして安心したしね。

しかし食欲だけはもりもり。
ここにきてからあきらかに顔が太ったのはもうむくみのせいでは決してない。
だいたいさあ、ここの食事異様に美味いんだもん。差し入れもあるしどうすりゃいいのさ。

「のこラクダにエサを与えないで下さい。」

はい、寝ます。(_ _)Zzz
[PR]
by nokorakuda | 2006-04-23 12:51 | 悠大成長記録(妊娠・出産)

赤ちゃんが生まれた日

f0082659_1343598.jpg

たくさんの方からお祝いのメッセージありがとうございます。

全部全部感激しながら何度もくりかえし読んでます。
個別レスが難しいのでレスのかわりにどんどん更新します。ごめんなさい。

さて。

赤ちゃんが生まれた日の話。

夜中三時頃目がさめてトイレにいくと、赤く、ぽちょんとおしるしが。
おしるしというのは子宮口がいよいよ開いてきて多少出血する事で、要はもうすぐ陣痛が来るよという合図。

ありゃまあ、と夜中にコンタクトの液だのメガネだのまだ入院準備荷物に入れてなかった物を人知れずちまちまと入れて準備。

4時半すぎか、眠たいやら眠れないやらでうとうとしていると、いきなりまたぐらからあったかいお湯がジョワ~っと。

いよいよほうけておしっこもらしたか?
いやそんな量じゃないぞ。コントロール不能だし。パジャマぐっしょ。
破水かあー。

陣痛前に破水ってのは順番的にはあまりよろしくないのだよ。生まれるまでにまだ時間があるというのに赤ちゃんが苦しくなるからね。

おなかは時折張って気持ち痛い程度。

破水したら即入院だ。とりあえず着替えてラクダ夫に「起きて。破水した」と言い、一人せっせと支度。

ラクダ夫、起きねえでやんの。
まあいい。支度支度。
病院に電話し行くことを伝えてラクダ夫を行くぞ起きろ、とやっと起こす。

「おーし!行くぞ~!♪」

と寝ぼけたアホ面でガッツポーズまでしてのたまうラクダ夫にあきれながら母に「行って来るね」と。さすが仕事人の母の反応はいい。

それにしても水がどんどんおりてきてくるから何か良いパットがないだろうか。
母が差し出したのは幸四郎が使っていたわんこ用のおしっこシート。
「いいじゃんこれ。」
と三つ折りにしてパンツにはさんでGO!

病院にはすぐ行くと言ったのだが外野がもたもたしてるから結果的にはのんびりモード。別にあわてる事じゃなし。私もコンビニに寄り、食べ物買って道中食ってる余裕っぷり。

6時前に病院に到着、破水の診断をしてもらい、(先生も大変だねえ。すごい仕事だよね)洋室か和室か部屋の希望を聞かれ和室を選んで入室。

きれいな4畳半。トイレや水まわりもすごい。イマドキの産婦人科はホントすごいな。値段はその分高いけどね。病院決める時点では入院費が高いだなんて知らないわけで。

破水した人は感染予防で点滴をうつ。

これらが終わったころ本格的に陣痛が始まった。

いやはや苦しいのだよ。キタキタ~と思って痛いのは1分間くらいなんだかおなかがぐーっときゅう縮するのがすごい痛いのだよ。体の力を抜いて深呼吸すると痛みが少ない。ずっと呼吸法をやってやり続けて何時間も。

何時間もだよ~!!!
陣痛の間隔が開かなくなってきたので分娩室へ。三時前くらいかしら。

分娩室に入ってもすぐに生まれるわけではなくまだまだ待っててね。ということでひたすら波打つように終わる事なく襲って来る痛みを呼吸法でやりすごしながら耐える。
深呼吸ったっておなかが邪魔で空気入らないわけよ。想像つきます?空気入るスペース無いって感じ。

子宮口全開で赤ちゃんがだいぶ降りて来てたまにはいきんでもいいよと言われたけどまだほったらかし。
この日は3人唸ってるからね。つか先生ついてたって出ないもんは出ない、まだなもんはまだなんだから仕方ない。隣りで手を握ってくれようとするラクダ夫だが、ぶっちゃけ手を握られるのもうっとおしい。痛いとこさする?とか助産婦さんに言われるけどさわられるのうっとおしいんだってば。
かわいくないが一人で耐えるのが一番楽。

「ぐわ~痛いよ~。かんべんしてよ。はあはあはあはあ。」

いつまで続くかこの苦しみ。

たまに気分転換にとラクダ夫にブログ更新しろと指示するが、「メール画面から普通にメール書いて送信すればいいんだヨ!」と何度も言うのだがブログのコメント画面を開いてる。
アホたれ~!んなことでイライラさすな!
おまけに打つの遅いし。

でも更新したとたんにバンバン応援メッセージが入って感激。
痛みに耐えながらもちゃんと誰からどうだこうだ、と全部聞いていたのだよ。

先生が6時頃かと5時頃言われ6時になった頃今度は陣痛が弱くなってしまい、
「こりゃダメだ陣痛ピークで気張らんとでないわけよ」、と説明され、
でも頭出口まで来てるから出さんとなあ、
ってことで赤ちゃんの頭にバキュームの機械、要はトイレのつまりをシュポシュポするような原理の吸盤をつけて引っ張りだす事に。
「おりゃーいきめー!」
「うーん痛いぃぃぃ~~!」
「痛いって言うな。力が逃げる!」

さっき痛いって言っていいって言ったじゃんか、くそお~(涙)

「ほらもういちど!いきめ!」

「ぐわ~!」

「ほら最後だから死ぬ気で頑張って!」

「ぐ~~~!」

(にゅるにゅるずるずるっ!)

出た!?

足元をみる。

あ。出た!出てる!

先生が赤ちゃん持ってる!

「ふにゃふにゃ、ギャア、、、オギャーオギャー!!」

泣いてるう。

かわいいよお~♪
いやん見たいみたい。
「かわいい~!」

生まれてきてくれてありがとうなんて高尚なことは一切思わない、ただただ
「かわいい~!」
それだけ。

今までの苦しみなんてコロリと忘れ、超ごきげん。

「いやー良かった。良かった。おめでとう!」

先生が握手してくれる。
うれしい。

分娩室はたちまち写真撮影大会に。

そのうち胎盤も出て来た。

「胎盤見たい!」
と言うとこんなもん見たいなんてめずらしいねえ、と言われる。板に膜張ったかんじ。面白い。

生まれた子のへその緒を切ってくれ、ちょっと拭いたらすぐに私の胸の上に。
先生、
「これが重要なんだよ」と。

助産婦さん、
「赤ちゃんは出てきたばかりで寒いから体温で暖めてね。」

生まれる時ちょびっと切った所を縫うのが痛い。
痛いっつってるのにラクダ夫は写真とりまくってるし。
痛い顔撮るなよー!

先生は縫い終わり二時間ぐらいこのまま休んでてね、と言って去って行った。

いやーかわいい。かわいい。

それしか出てこない。
二時間、疲れてるけど眠らずに赤ちゃんをながめながらずっと起きてた。

その後赤ちゃんが産湯につかり、体重測定し、足型を取って戻ってきた。
きれいな顔になったよ。

かけつけた母も加わり部屋で休む。

かわいい~!

夜9時半。

こんな一日。
[PR]
by nokorakuda | 2006-04-21 13:43 | 悠大成長記録(妊娠・出産)

ラクダパパが

f0082659_1642759.jpg

f0082659_1642777.jpg

f0082659_1642752.jpg

この写真がかわいいから載せろと、ラクダ夫がうるさいので載せます。

かあいい~

しかしみんなパパ似かよ。
う~。
どーするよチビで顔も悪けりゃ最悪じゃん。
しかしママ似だとハゲるからなあ。う~ん。
すんません平和で。(ぺこり)

しかしこの病院食事が旨すぎ。いまおやつまで出たけど手作りクッキーバカウマ。

朝ご飯もこんな感じ。器からしておしゃれだし。昼なんてちょっとした割烹の1000円ランチみたいだよ。びっくりですわ。

今ボニュウを吸わせてみた。
吸わないんですけど。(涙)
若い乳じゃなくてごめんよ悠大。
[PR]
by nokorakuda | 2006-04-20 16:04 | 悠大成長記録(妊娠・出産)
f0082659_13283120.jpg

おじちゃんおばちゃんたち、はじめまちて☆悠大です。

ぼくは昨日の6時44分にラクダ家の王子として生まれてきました。なんでラクダなのかぼくにはわからないけど。どうせならキリンさんのほうがいいと言ったらラクダ母ちゃんが怖い顔してたし。

2896g49cmで生まれてきたよ。
ぼくが外に出る時先生がぼくの頭にバキュームつけてスポンと引っ張りだしたのでぼくの頭、とがっちゃった。
でも、ぼくも頑張ったよ。
お母さんは今日おしりが痛くてうごけないみたい。
でもさっきぼくが緑色のうんちいっぱいしたらおむつ変えてくれたの。

お母さんもお父さんもみんながいっぱいお祝いしてくれて感激してるよ。
ありがとう。

またね~☆
[PR]
by nokorakuda | 2006-04-20 13:28 | 悠大成長記録(妊娠・出産)

生まれた!

f0082659_1918320.jpg

本日、午後6時44分にラクダ王子が誕生しました。まずは、みなさんに、ご報告です。
ありがとうございました。

んも~、かわいいーーー!!
[PR]
by nokorakuda | 2006-04-19 19:18 | 悠大成長記録(妊娠・出産)

声援ありがとう。

ラクダ妻、意然として頑張っております。
先ほど先生から「6時頃だなぁ」と。。。
もう少しだ。

みなさんの声援、伝えていますよ。ありがとう。 ラクダ夫
[PR]
by nokorakuda | 2006-04-19 16:59 | 悠大成長記録(妊娠・出産)

もうすぐです。。。

ただいま、ラクダ妻は分娩室。 あと、1時間くらいで生まれそう。
「痛いよー」と先ほどから連呼しております。
がんばれ、らくだ妻!
いやぁ、生命誕生の瞬間って緊張しますね。
ラクダ夫
[PR]
by nokorakuda | 2006-04-19 15:49 | 悠大成長記録(妊娠・出産)