三人の子供達とパワフル母ちゃん。楽しいラクダ家へようこそ!


by nokorakuda

春探しツアーin伊豆2008

f0082659_10583269.jpg

日本列島が春一番の嵐にひっかき回されたあの日。
そうとは知らずに
「今日も天気だ花見日和♪」
と友達を誘ってウキウキ出かけた早春の伊豆。
毎年恒例のお楽しみです。

最初はまさかの雪景色。
天城隧道手前の旧道は雪がすごく積もっていて走行を断念。なにせトンネルには霊がうようよいるからね、無理して霊さんたちにイタズラされたら大変!
f0082659_10583193.jpg

そのまま河津方面に向かいます。

2月に咲く河津桜は年々有名になり、開花中の1ヶ月間になんと100万人の人が訪れるといいます。
なのでこの週と来週の土日が人手のピーク。渋滞を抜けてやっと駐車場にたどり着くと、ものすごい強風!
ラクダ家特製のお弁当もとても外では食べられず、車の中でいただきます。

食べ終わったら今度は雨。
しばらくすると今度は晴れ。
なんだかなあもう。
やっと車の外へ出て花見に向かいます。
川沿いの桜はピンクピンクピンク!
なんてかわいらしいの!
f0082659_10583232.jpg

五分咲きの桜は風に懸命に耐えながら力強く咲いています。菜の花の黄色とよく合ってホントにキレイ。

枝に遊ぶうぐいすはみんなのアイドル。
何十人もの人が必死でカメラを向けています。

写真好きの友達旦那も夢中になって写真を撮っていましたよ。
f0082659_10583282.jpg

道端には沢山出店が。
東京から来た友達に食べてもらおうと、菜の花や金目鯛の干物など、地元の産品を格安で買い物するのも楽しみのひとつ。

こんな日に連れてきてしまい申し訳ない気がしたけれど、河津桜を見るのが初めての東京組はそれなりに楽しんでいたようなので、まあ、いいか。毎年来ている私は花見どころじゃない感じだったけどね。(笑)

桜まつりをあとにして、次は山越えして西伊豆堂ヶ島へ。

西伊豆の魅力はなんといっても海原に沈む夕日。
冬の夕日はとりわけ見事なので、断崖の露天風呂に浸かりながら楽しもうというわけ。

お気に入りの温泉宿には五時半の日の入りにゆったりと間に合ういいタイミングで到着。

それにしてもいまだかつて経験したけとのない位の風!
車のドアの開け閉めが出来ません!まともに歩けません!
海の時化っぷりは言わずもがな。
と言っても普段海から遠い方々には想像できないかもしれませんがね。
f0082659_1058329.jpg

露天風呂は海に面した外階段をずっと降りて行くのですが、明日香を抱えて気合いで降ります。

台風並みに荒れた海。
断崖の露天風呂はド迫力! 時折岩にくだけた波のしぶきがふりかかるほど。
すごいでしょう!

それでもとっぷりとお湯に浸かってしまえば、目の前にはシルエットになった三四郎岩と真っ赤な夕日。
見事な景色、満喫しました!

明日香は温泉デビューでしたが、気持ちよさそうにおとなしくしてくれていたので大助かり。
これで泣いたらこんな小さな赤子を連れてきて、と白い目で見られるからね。
さすがラクダ家の姫だわ。肝が据わってる。

男性陣を一時間も待たせてロビーに集合、ラクダ家に帰ります。
渋滞や天候によるロスがなければもっといろいろ素敵な伊豆を案内できたのに、ごめんね。

伊豆の魅力は何度来ても紹介し尽くせないほど。

また来ようね!
[PR]
by nokorakuda | 2008-02-27 10:58 | 旅行・お出かけ